sotto voce

ジャックラッセルテリアの「りふぉん」とママ+パパの日々の日記です。

さっぱりしました

DSC_0469


僕、りふぉん~~

どう?
美容院にいって こんなにサッパリ
2時間半もかかったんだよ~~
ママより長い・・・・・

カットして、
マイクロバブル入って
シャンプーして
ブロー

はぁ~~疲れたぜ・・・






DSC_0469


おまけに~~
昨日から 僕んちの車が車検で
代車だから 直接乗れなくて
ケージに入れられた・・・・

ちょっと ムっとしたけど
しょうがないね







DSC_0470


一昨日の僕とどう?
違う?


・・・・しかし・・・・・







DSC_0471


疲れた・・・・眠い
ご飯をいただいて・・・

・・・・おやすみ・・・・・







ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです

ホワイトデーは?

line_1552604530291


僕、りふぉん~~

今日は僕の美容院です
ママの美容院より好きです
お姉さんはきれいだし、
仕切りガラスに激突することもない
マイクロバブルは気持ちがいい
できるだけ 早く 終わらせてほしい~~~
少し カットもするみたい
男前になるかしら・・・・






DSC_0475


なんか モシャモシャしているので
ママは すっきりさせたいみたい
このところ、毛が伸びるなぁ~~






DSC_0473


パパからママへ・・・
ホワイトデーのお返しは またまた本

これは ママのリクエスト

「トリエステの亡霊」
トリエステの詩人サーバと作家ヴェーヴォ
それに アイルランドの作家 ジョイスが
ほぼ同じ時期にいたトリエステ

歴史、言語、芸術の枠を超え、
ミステリーの雰囲気とマニアックな学識を漂わせる、
文学紀行の名品・・・・とある

須賀敦子さんを通じて サーバを知り
トリエステが大好きなママ
マニアックな部分はともかくとして
トリエステの そんなに大きくない町と その周辺を
くまなく歩く紀行文
昨日から 熱心に読んでるよ

5月にまた トリエステに行くので
今度は 相当マニアックなエリアにもいく予定らしい







DSC_0474


この2冊は パパのチョイス
、といっても「トリエステの亡霊」を見つけたのもパパ
でも あまりにマニアックなので どうかな?と
ママに事前に相談

「The BOOK SHOP」は 英国の海辺の町、そこで本屋を開く女性の物語
「僕の名はアラム」は アルメニア系移民の子として生まれた作家サローヤンが
故郷の町を舞台に描いた代表作
ママは これをアルメニアで読むつもりらしい
持って行きやすい文庫本

こうして 僕んちの書庫には どんどん本が蓄積
パパの職場も本で埋まってるらしい
3年後にどうするのか
今からママは心配しているけども~~
「やはり 本は紙で読まないとね」
原稿も紙に書いてからでないとパソコンに入力しないママ
いつまでも アナログだねぇ~~~







ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです




表情

DSC_0469


りふぉんママです~~

パン屋さんの日です(笑)
今日は 用事もあるので その行きに寄ります
今週は 計算して買わないとね・・・
余るともったいないし、
一週間以上の冷凍は避けたい


今日も 最後まで寝ていたのはりふぉん
「りふぉん・・・起きないか?」
パパが呼びに行き、
「りふぉんっ、さっさと起きなさい」
ママが叩き起こす

お散歩がすんだら
お待ちかねのご飯です

腹ペコで
目もうつろ・・・・・(笑)






DSC_0470


はい、どうぞ~~~
一心不乱に食べてます
一度も顔をあげることなく・・・
「それが 健康のバロメーターなんだよ」とおじいちゃん先生
犬が 一度も食べるのをやめずに
一気に食べるのは 非常に体調がいい証拠、らしい
「食いしん坊とは違うんですか?」
「ま、食いしん坊は元気な証拠(笑)」







DSC_0471


一気に食べ終わり・・・・余韻に浸ってます
満足の背中
こっちを向いてなくても 幸せな表情が見えるようです
こういう雰囲気をみると ママも満足

野菜も色々でてきて
旬の野菜をたっぷり入れることができますね~

パパは昔から
「芽キャベツには キャベツ一個分の栄養がある」
と言い続けてるけど
先日のテレビで それが 当たらずとも遠からじ、のことを言ってました
「ほ~~~れ、みろっ」
だから 我が家の食卓には 毎日のように
芽キャベツがあるじゃ、ありませんか
「芽キャベツとアボカドと枝豆が好きだな」とパパ

どれも 体にいいものなので よろしい
りふぉんも 食べますよ







ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです

内緒でヒソヒソ

DSC_0471


りふぉんママです~~

寒いから起きたくない、という季節は過ぎ
眠いから起きたくない、という季節

今朝は りふぉんパパの出勤が1時間遅い、ということを知らず
いつものように 渋々起きて
りふぉんも 渋々起きて
朝ごはんとお弁当・・・・

食べ終わって お弁当を詰めたら
パパが まだ くつろいでいるので
「あれ?行かないの?」と聞いたら
「今日は1時間遅く出る」

・・・・・・・はよ、言わんかいっ!!!

1時間余計に寝れたのにさ・・・・
りふぉんは速攻で ハウス
いつも眠い親子(母息子)です






DSC_0472


それでも お天気がいいし
ぐんぐん気温も上昇
「お庭に出る・・・・」
早速 日向ぼっこに出ていきました~~

隣の桜の名所公園・・・・なんだか 数日 重機が入って
何をしているのか、と思いきや・・・・
川沿いの桜の木を 伐採!!!
この時期?
老木で 時間の問題かな~~とは思ってたけど この時期ですか
専門家がやることだから 何か理由があるのでしょうけど
なんだかな~~~~






DSC_0469


気持ちよさそうに寝ている子を起こさないように
ひそひそ相談・・・・・
今年一発目の旅行の相談・・・
あと2週間後に出発なので
そろそろ 現地情報などを収集






DSC_0470


なにしろ・・・・我が家 未踏の国 アルメニア
首都のエレヴァンです
地球の歩き方にも「ロシア」の中にちょびっと乗ってるだけ
やっと 探した情報本は この2冊

前回の旅行は アイルランド
続いて キリスト教の起源のような国
なんか 縁を感じます。
ノアの箱舟が漂着した、と言われるアララト山、
世界一古い教会、エチミアジン教会(世界遺産)など
小さな国だけど みどころは多い
パパも 仕事合間に 少し見て回れるといいけど~~~


向こうから あてがわれたホテルは
なんか~~不便そう
「景色がよくて 安い」というけど
どこへ行くにも遠いし、
景色がいい=丘の上
中高年にはきついので 丁重にお断りし
るるぶりふぉんママが 厳選して チョイス
ホテルアパートメントを予約しました

8泊連泊なので
普通のホテルよりも キッチン付きのアパートメント式が便利
でも フロントがないと 何かと不案内の国なので不安
それで 24時間フロントが常設しているところをチョイス
行ってみないとわからないけどね
前日まで キャンセル無料なので 嫌なら 後半は 別のところへ移動しても・・・
8連泊予約すると 色々 親切にしてもらえる、という利点もある
フロントの人と仲良くなると 便利だし~~


りふぉんには ぎりぎりまで 内緒にせねば・・・
夜出発なので りふぉんが シッターさんへ出かけてから
荷物を作る計画~~~~

絶好調なので あまり心配ないけども。







ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


たまには・・・

DSC_0469


りふぉんママです~~

お散歩に出ると なかなか帰らないりふぉん・・・
昨日も 帰り道なのに
途中から ひどく抵抗
「こっちに行きたい」
こういうとこ、本当に頑固なんです

もちろん「いけません」と 引っ張ることもあるけど
たまには、りふぉんの主張を通すことも必要です

また 住宅街のほうへ複雑に入り込み~~
ウロウロしつつ・・・
遠回りして 元の道路へ戻りました

そうしたら・・・・
薬局前にお座りしているのは~~~
仲良しのココアちゃんではありませんかっ

りふぉん・・・・走り寄って
「ココアちゃんっ」

ココアちゃんだ、とは思ったけど
もしかしたら 似たワンコかも~~と 一抹の不安
でも・・・・
匂いを嗅いでいたりふぉん・・・
「確かにココアちゃんだよ」
ママさんが出てくるまで
一緒に待つことにしました


ほどなく ママさんが出てきて~~
りふぉん・・・「たまには 送りますよ」と
ココアちゃんのお家まで エスコート
いつもは 逆・・・なのにね(笑)






DSC_0468


やっと 帰宅
この日も 3kmを42分かかって歩きました
う~~~ん、もうちょっとペースをあげませんかね?
せめて 1kmを 12分くらいで歩くと
ママの運動にもなるのですが~~
クンクンも大事な行為だから
あまり 引っ張りたくないけども~~
たまには わき目もふらず
さっさと 小走り・・・してもらえませんか?








ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです

ブログランキング参加中
bnr_l
りふぉん@2008年元旦生まれ。11歳になりました!!いつも応援ありがとうございます。
コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • 忘れないでね
  • 忘れないでね
  • 忘れないでね
  • 忘れないでね
  • 忘れないでね
  • 忘れないでね
  • 忘れないでね
  • 自然を愛でる
  • 自然を愛でる