sotto voce

ジャックラッセルテリアの「りふぉん」とママ+パパの日々の日記です。

なんだかな~~なこと

image


るるぶりふぉんママです~~

なんだかな~~と思うことを書こうと思ったのですが、
別に どうでもいいかなあ~~とも思うし。
その時は 一瞬 「え~~っ?」と思っても
なんだか 慣れてきて 
「別にいっか、そんなもんかね」と 緩くなってる自分
ささいなことに 腹をたてたり イライラしたりしなくなっているので
思い返してみると どうでもよかったりするのです。

確実に 来た当初より
全てに寛容になってますねえ~~
これは 帰ると どうなるんだか・・・・・

アメリカでしばらく暮らして帰ったとき
エレベーターに乗って 階を押して ぼんやりしていたら
隣の人が イラっとして 「閉める」のボタンを押したことがあります。
一緒にいた友人が 笑って
「さすが、アメリカ帰り」と言ったんだけど なんのことやら・・・・
あとで聞いたら 閉まるのをぼんやり待っている人などいない、とのこと。
確かに 降りるときにも 後ろ手に 「閉める」を押して行く人すらいますね
こちらでは 飛び乗ってくる人のために「開ける」を押すことはあっても
「閉める」を イライラしながら押す人は みないなあ~~

なんてことも 日本における「なんだかなあ~~」です

いきなり どうでもいい写真をあげるのも どうかと思うので
土曜日のランチ、りふぉんパパと街まで行ってきたので
その 料理から・・・・・・

AGRICOLAという レストラン
これは ケールとスプラウトとサーモン、それに ライスの一皿


これも まあ 「なんだかなあ~~」の一種
昨今、アメリカも ダイエットブーム、健康志向ブームで
「太っている人は雇わない」とか
体重が増えたら その分減給とか
信じられないようなことも聞きます。

確かに 一時期より 太っている人は少なくなり
みな 週末だけでなく 夕方 仕事が終わってから
ジョギングをしたり、ジムに行ったりしてますね







image


りふぉんパパは ポーチドエッグとポーク
それに 野菜ヌードル・・・・なにかと思えば
大根やニンジンを細く切って 麺に見立てたもの
しらたきと一緒の感覚ですかね

どちらも とても美味しかったので 満足なのですが、
アメリカで あまり ヘルシーなメニューが出てくると
1970年代~80年代に暮らしていた私からすると
なんだかな~~なのです
「多いことはいいことだ」のように 量が多く
その上、デザートのために 食事をする、とまで言われ
「アメリカの料理は メガ盛り」という印象をお持ちの方も多いでしょう

それが 昨今、少ない
それでも 「あら・・・こんなに食べれないわ」と 眉間にしわを寄せているご婦人
・・・・・・のみならず 大きな男性までもが
「Ah~~way too much」とかいって ため息をつく。
これが アメリカなのか~~と思ってしまう

それに・・・・・・どこも そこそこ美味しい(!)
こういっちゃ失礼だが・・・・その昔のレストランは どこもまずかった
料理の盛り付けもあったもんじゃなく
ど~~~んと ハンバーグ、それに フレンチフライが山盛りで
テーブルに置かれると 必ず 数本 こぼれおちる

何か、そんな光景が懐かしい
もちろん 今でも ありますがね・・・・・







image


ついでに~~
ランチの前に 本屋さんに寄ったら
今日は 作家さんのサイン会
そして 地下では 大セール
大学も終わりで 在庫処分なのでしょう

そして・・・・アナウンス
「みなさん、地下のセールへどうぞ。 とびきり美味しい無料のベーグルもありますよ」
本屋で食べ物・・・・・ですかい
おまけに~~~ベーグルに塗るクリームチーズもズラリ
本に つけないようにね・・・・と思うのは私だけ??
「ぜひ 本を立ち読み(いや、立派な椅子も完備)してください」
と言わんばかりですよね
ちゃんと 小腹が空いたときのおやつも完備なんだから・・・・・

美術館の写真もそうだけど
気前がいいというのか・・・・鷹揚ですなあ
本を汚さないっていう前提ではあるのでしょう。
かえって 「食べ物、飲み物禁止」とするより 抑止力があるかもしれません。

美術館にも 堂々と書いてあるのです
「フラッシュをつかわなければ どんどん写真を撮って拡散してください」
「みんなに この美術館を広めましょう」って。






image


では どうでもいいことを少々

これは ボストンの ハイアットホテルのシャワー
フロントはうやうやしいし、デザインもハイセンス(?)なんだけど
こういうところは「工事やりかけです」みたいに思いません?
こんなの 日本のホテルでは ほぼ ありえない
それも ハイヤット級なら特に・・・・・・
もちろん なんの問題もありませんがね






image


これは アパートの棚にあるコーヒーメーカー
コーヒーメーカーが古い、ボロっちいのはいいとして
この棚・・・・・全く 考えられていない
上はつっかえて 水をいれる蓋が 棚に乗せたままでは開かない
コードも 短くぎりぎりなので コーヒーメーカーを片手で持ち
棚から 少し ずらして水を入れないといけない
多分 コーヒーメーカーが あとから来たんだろうけど
棚が あと数センチ 上にあったら 非常に使いやすいのに。
日本だと 多分 アジャスター付きの棚にしてますね






image


カーテン
3m近くある天井まで カーテンがあるんだけど
つまり、かなり重いわけですよ
それを みえますか・・・・
細い棒がぶら下がっていて それで 開け閉めするんだけど
耐えきれるはずがない・・・・・・・
だって 細い棒とカーテンをつないでいるのは 細くて小さな一個の輪っか
当然、すぐにとれちゃう
来たばかりのとき、たちまち 外れたので それ以来
棒は使わず カーテンを全身で押して 開け閉めしてます

あまりにも カーテンの重さと 小さな輪っかのバランスが悪い






image


トイレです。
トイレも ちゃんと流れるし、
どこにも アメリカのどこを探しても
ウォシュレットがないなんてことは 文句言いませんが
どこも トレペの位置が悪い
これは まだいいほう
どうやって 座ったまま 届くのか、と首をかしげるほど
はるかかなたに設置してあるところがあります。
ここだって 左後ろ・・・・
相当 体をツイストしないと届かない
子供は無理・・・・・ですね~~
でも ここは まだまだいいほうです。

前、いたところは
まず、トレペを少し 確保してから 座ってました
そうしないと・・・・・・かなりまずいことになるからです。






image


あとは 照明
部屋には 基本的に こういうスタンドしかないんですけど
それは昔から・・・・・そして この手のスタンドも
まったく この 40年くらい 私が知る限り進歩してない

まず・・・・スイッチを触ると 恐ろしいまでの静電気に
体中 震える・・・・・・
一段落したら スイッチを回すんですが~~~
回しても~~~回しても~~~つかない
中は どういう構造になっているのか

これは 2つ電球
何度も回して ようやく一個ついて
もう一個つけようと回すと
ついていたものは消え・・・・・
さらに数回回すと ようやく 両方つくシステム
そのころには 指先は真っ赤です
もっと スイッチが大きければ まだ らくなんだけど
小さい上に滑る
オリーブ漬けのトマトなんか切ったあとだと
もう 不可能・・・・・・
タオルを持ってきて ひたすら回す羽目になります。







image


最後に・・・・・
って まだまだ あるんですけど~~

アイロン台
もちろん 私は ぐ~~たら主婦で アイロン嫌い
すべて アイロンのいらない洋服にしているし
日本では 形状記憶なんていうのが主流
りふぉんパパのシャツも 強力なドライヤーで乾かしても
全然 皺なし
・・・・・だから アイロン台はいらないんだけども
こちらでは どんな 小さいホテルでも こういうアパートでも
アイロン&アイロン台がないことがない。
極端にいえば~~~
この間は ヘアードラーヤーがなくても アイロンはありました。
それは ドイツのドレスデンだったけど
おかげで 私は風邪をひき、気管支炎にもなったくらい
それでも 他にティッシュも置いてなかったにもかかわらず
アイロン&アイロン台がありましたね
そんなに アイロンは大事で 文化なのか・・・・・
そんなに パリパリのものを着ているようにはみえませんが・・・

それに このアイロン台、巨大
今は 私の部屋で アルトリコーダーを練習するときの
楽譜台になってます。
これも かたくて 折り畳めないから このまま・・・・・

長々と なってしまいました~~

決して 批判しているのではないので 軽く読み飛ばしてください
少なくとも これらに関して 全然 変わってない、
ある意味、古きよき時代の名残みたいな気もします。

外人が日本にきて 同じような感覚を持つかどうか?
う~~ん、友人たちに聞いてみると
「日本は 便利で素晴らしい、なんの不都合もなく 
 どこも well-organizedだ」と言いますね
この間、日本に初めてきた友人も
「こんな素敵な国、はじめてだわ」と 
我々からすると
「ごめんね~~ちょっと不便で古い宿泊施設で」というところでも
「パーフェクトだ」と言ってました。

我が国を誇りに思っていいのかどうか・・・・
少なくとも いつまでも 誇りに思える国であってほしいです








ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです

アインシュタインの家

image


るるぶりふぉんママです~~

今日は 朝から がっつり雨
1日 降って 相当な雨量になる、とラジオで言ってます
こういう日は 散歩もできないから 家で 細々と動きます
・・・・・いや・・・・動いてないか

帰ってすぐにやらねばならない講座の資料を作り
ブルーベリージャムを作り
夕食のラム肉のハンバーグをこね・・・・・
ランチは カフェテリアに行くのも面倒なので
生ソーセージの残りで パスタ
毎日、パスタで全く大丈夫なのは不思議
かえって 体の調子がいいんですもん

干物が食べたいとか
全然思わないし、日本に帰っても 別に飛び付かないだろうな
まあ、お茶漬けと漬けものは美味しいけど
別に なくても困らないし~~~

豆腐は いまや どこにでも売ってるし
しらたきだって そのへんに売ってますよ
それが・・・・・笑う・・・・・・
「No calories pasta」って 書いてある~~~
ハハハ・・・・・・・しらたきを パスタ代わりに使うんかいっ
確かに カロリーはないけどねえ
梅干しも売ってたし、蕎麦も素麺もあったね
日本人と同じ物を食べれば痩せると思うのかな

しらたきパスタを食べて ブラウニーを食べるから プラマイゼロね



えっと・・・・・
こちらの白い家
プリンストン、マーサー通り112番
かの、アインシュタインが住んでいた家です。
高等研究所の初代教授
この道をアインシュタインが毎日 研究所に通っていたわけで~
それが 今、毎日の私の散歩コース







image


もちろん、今は 別の人が住んでいます。
みな、知ってるもんだから 見に来る人がいるらしく
(私もその一人だけど)
庭のいたるところに
「プライベート住居」と書いた看板が・・・・・・
勝手に庭に入ったりするのかねえ~~
いっそのこと、研究所が買いあげて 博物館にすればいいのに

ここの所長さんの家に
アインシュタインが使っていたピアノもあるそうだし
色々 資料や 愛用の品も残っているだろうに・・・・・
ここの持ち主が売りたがらないのかな

アインシュタインは 相当な音楽愛好家
毎晩のように 友人を集めて音楽に興じていたとか・・・・
そういえば~この間 ハーバードで会った友人も
パウエルのオープンキーのフルート持ってて
「マルティヌーのソナタは合わせにくいね」なんて 言いやがった(笑)








image


この間、また お友達に会いに 美術館に行ったら
かなり 展示物が変わってました
お友達は ちゃんといたけど 主に南米のものが 増えていたかな






image



これは オットセイの首
なんともコケティッシュ
いいですねえ~~






image


これは 新しいものだけど
カメルーンの作品
カメレオンですね






image


これもいい・・・・・






image


大きな日本の屏風は この巨大な掛け軸に変わってました






image


これもなかった・・・・な






image


漆塗りのお盆・・・・

ここは 手狭になったので
駅の近くに 新しい美術館を建設中です。
NYのMoMAなんかも 展示物の何倍も蔵にあるとか・・・・・
蔵・・・・とはいわないか・・・・
倉庫・・・・(笑)






明日は アメリカの生活の中で
「え?なんか おかしくない?」っていうものを ご紹介します。
まあ 別にいいけど
なんか 理解できないことがおおいんですよねえ~
大半は 慣れちゃうことだけど~~








ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


私はこれで太りました

image


るるぶりふぉんママです~~

食べかけの写真で失礼っ
これは アメリカでもっとも恐れられているデザート(笑)
ブラウニーです。

私は かつて、一度だけ50kgを超えたことがあって
何を隠そう、これが原因
学生時代、夏のキャンプで キッチンに忍び込み
友人と 冷蔵庫をあけて 食べまくったのがこれでした。

そのおかげで 人生初の50kg超え
たしか・・・・・52kgくらいになった記憶が・・・・・
ちなみに 今は 45kgそこそこ
あ、いや、今は このブラウニーのせいで もうちょっとかも。
そういやぁ~~歩くと なんか 膝に負担がかかってる気がする(笑)

もちろん 身長は166cmあるので 52kgでも痩せっぽなのですが
人生で 太ったことがないと、関節も骨も筋肉も 重くなると支えられないので
「まあ~~このまま維持した方が・・・」と言われてます
変わらないのがいいらしい。

日本では食べないんだけど
どういうわけか このブラウニーだけはアメリカで食べると美味しい
他のデザートは 甘ったるいだけなんだけど~~
こちらにきてから 何個食べたか・・・・・
たいていは コーヒーショップで 一切れ(デカイ)ずつ
ラップに包んで売ってるので 一個ずつ買っては食べてます。
あちこちのを試食した結果、今回は
プリンストンの World Small Coffeeのが一番と決定

さっきも 買って 半分食べて あとはお持ちかえり
今日も 8000歩歩いたので ブラウニー分は帳消しってことで。







image


今日は 大学の中のチャペルで
今シーズン最後のオルガンコンコンサートがあるというので
行ってきました。
12時半から 30分
もちろん 無料
大学の中のチャペルといっても 大きくて素晴らしい。
大きなステンドグラスに パイプオルガン
プリンストン出身の卒業生同士の結婚式とかするんだろうな

少し 後ろに座った女性二人
ずっと ヒソヒソ話をしていて 非常に迷惑
さすがに 我慢の限界で 後ろを振り向き、睨んだら
コソコソと出て行った
話がしたいなら どうして コンサートに来たのか・・・・・
お天気もいいし、寒くないし、わざわざ教会の しかもコンサートで
喋ることはないでしょうがぁ~~~
いい大人なのに ホント、迷惑っ







image


今日は 昨日より暖かく 穏やかで いい天気だけど
今夜から ちょっと 荒れる予報
明日は 1日、雨と雷みたいです。

鳥たちも せっせと この空を楽しんでいるようで
こちらは かわいい声で鳴いてて 癒されます。
小さくて 見にくいけど きれいな鳥が 木をつっついています
虫を食べているんでしょうか~~






image


こちらも ちょっと 見にくいけど
Common Yellow Throat という鳥のようです。
日本名でいうと アメリカムシクイとか言うようですが
きれいな黄色い体なので これはオス
メスは もうちょっと茶色がかっているそう。
鳴き声で すぐにわかります。
きれいな体に反して なかなかの暴れん坊らしく
虫を 根こそぎ食べる獰猛な鳥だとか・・・・・

かわいい声で鳴きますよ






image


この間から ちょくちょく見かけていたジャック
やっと 声をかけることができました~~
2歳のエルモア君
ちょっと 人見知りだ、ということだけど
なんの、なんの
りふぉんママですよ~~~と しゃがみこんだら
すぐに 寄ってきてくれました。

スレンダーで 優しいハンサムボーイ






image


ママさんも とっても素敵な方で
しばし、話が弾みました
犬の話題って尽きないし、共通~~







image


そろそろお散歩の続きがしたくなった様子なので
さようならしました~~
また 会えるといいな







image


昨日の夜はこれ・・・・・
ドン引きした方・・・・・ごめんなさい
生のソーセージです
日本では 手作りしない限り、あまり売ってませんよね
こちらは どこにでも売ってます
このまま BBQにしたり、茹でたり
私は 適当に切って パスタソースにしました






image


挽肉でやるのと同じじゃないか~~と思われるかもしれないけど
う~~~ん、ちょっと違うんだな
ニンニクと玉ねぎを炒めて ソーセージを加えて炒め
そこに トマト缶を加えて ワインとコンソメで味付け
ゆっくり煮込むと美味しいパスタソースの出来上がり~~

お伴は アルゼンチンワインと イタリアのチーズ
さて・・・・今夜は 鶏肉とポテトだな
りふぉんパパのお昼は また ラビオリ、イタリアンだったに違いない
前世、イタリア人夫婦なので いいのです。
毎日 イタリアンでも・・・・・・







ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです

りふぉん、絶好調キープ

image


るるぶりふぉんママです~~

りふぉん、白柴とご機嫌です
久しぶりに りふぉんの様子が届きました。
「便りがないのはいい便り」
まったく 食欲も落ちず、前回とは うって変わって 絶好調らしいです。
ご飯もおやつも ガツガツ
念のために うちから持って行ったレトルトも
シッターさんが 用意してくれた 様々な緊急食材も手つかずのまま
みんなと同じご飯に がっついているそうです。

これは どういうことなのか・・・・・
1.学習して、ママは絶対帰ってくる、と信じている
2.良い子でお留守番すると 楽しいことが待っていると期待している
3.ここの子になることを決め、腹をくくっている
4.ホスト犬として 使命を全うするのに忙しい
5.本当の家も、ママもパパも忘れた

さ~~~て、どれでしょう

ともあれ、元気らしいので 一安心です






image


お天気もいいし、
気温も16℃ほど・・・・お散歩には絶好なので お出かけ
今日も 美術館へ~~
お友達が待ってますからね・・・・・

家の前の Springdale通り
2月~3月とは まったく違う風景
緑がわっさわっさ






image


今は ハナミズキが どこでも よく咲いてます
白が多いけど ピンクもちらほら






image


我が町(日本の)の花・・・・藤の花棚

こうして 見て歩くだけでも 楽しいですね
季節感があるし、目の保養
鳥の鳴き声がBGM

茂みの中からも声がするので
思わず しゃがみこんで 中をのぞいたり・・・・
なんだか 怪しい人です(笑)







image


大学の教会
木曜日の昼に 無料コンサートがあるようだけど
もう ないだろうな~~
でも・・・・・
「Free concert in the afternoon on Thursday」
って 看板が出ていたから・・・・行ってみるか、あしたも。






image


教会の横で Farmer's Marketをやってました。
このあたりで生産された卵やチーズ、はちみつ、ジャム、パンなど。






image


ちょうどランチタイム、
どこかでサンドイッチでも~~と思っていたので
クロスティーニをゲット
パイ生地の上に ズッキーニとポテトのサラダがてんこ盛り
ベンチに座って ほおばりました~~
おいしっ
安いし、美味しいし、気持ちのいい空の下






image


そして ちょびっとお買い物
ちょびっと・・・・・のつもりが
こんなん 買っちゃいました~~~
この間 ちょっと見て、いいな~~と思っていたのよね
大きさ、色、どこにも金属がついていない、ドンピシャなデザイン
銀行に 警告は全然いかない範囲のお買いものです(笑)







image


帰りは シャトルバスに乗っけてもらおうと思ってたけど~
あまりに 気持ちがいいし、また歩いて帰ってきました
今日も 1万歩

さて・・・・
昨日は フレッシュなホタテを使った中華炒めにしたから
今日は イタリアンと行くかな
あ、パパが ランチに何を食べたかチェックしないと。
研究所ではその日のメニューがweb siteに出るので
それをみて いく、行かない、を決められます。

肉(魚)料理か ベジタリアン用、サラダやコンビネーションプレートなど。
この間から キッチンの大改修のため、
全て 紙皿、紙のナイフ(!)&フォークになりましたけど・・・・
料理は 冷凍ではなく、バッチリです。

昼が、イタリアンでなければ 
今夜は 生ソーセージを使ったパスタの予定








ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです




最後の最後で・・・

image


るるぶりふぉんママです~~

楽しかったNew york~Bostonから 帰ってきました。
友人に送ってもらって 空港で別れ
ルンルンと搭乗手続きをして・・・・・ゲゲゲっ

3:50のフライト予定が 6:29に変更になっとる
が~~~~~~~~~ぁ~~~~~~~ん
29分などという中途半端な時間が なぜに出てくるのか、は さておき
絶賛遅延ですわ

行きのAMTRAKは 問題なく、Bostonの中でも
郊外への電車も 全て順調だったのに~~
最後で つまずくなんて・・・そんな・・・・・

西から 凄い雷雨がきているせいで
飛行機がきていない・・・・
乗るべき飛行機がないわけですな・・・・
これは よく起こることです
いい天気なのになぜ・・・と思うけど
飛行機は どこからかきて それに乗るわけで
そのどこか、が悪天候であれば 当然 機材がないってことになります。
行き先の天候が悪ければ それも出発できません。

NYの空港か フィラデルフィアに向かう便に振り替えることもできる、と
言われて、りふぉんパパは せっかちなので そうしようか、といったけど
到着時刻がラッシュにぶつかり NYの空港から駅までの移動
さらに 最近 評判がた落ちのNJT(プリンストンへ行く電車)
苦労したわりには きっと到着は同じくらいになると踏んで
私は 断固反対

Bostonの空港で 一夜を・・・いや 数時間を過ごすことに決定

結局、なんだかんだと空港も混んでいて
飛び立ったのは 8時過ぎ
みな、ぐったりですが、
まあカウンターで スナックや飲み物も提供されたので
みな それを ポリポリしながら大人しく待ちました。
アメリカ人って そういうとき大人しい


まあ その後は順調に帰ってこれて
なんとか 昨日のうちに帰宅して 寝ることができました~~

一週間いないうちに プリンストンは 緑が増え
だんだん 空が見えなくなってきましたよ







image


今日は 午前中は洗濯
午後は 買い物です

一週間いなかったので 冷蔵庫は空っぽだし
洗濯をしないと 着る物がない
フル回転です
・・・・・・ってほどでもないけどね
洗濯は干さなくていいから ほんと楽
天気に関係なく 洗濯できるって ストレスレスですね






image


ランチを食べて シャトルに乗ってお買い物です。
いつものおじさんが運転するシャトルには 私一人
バッチリ住所も覚えてくれましたが
残念ながら あと2週間なんですよね・・・・・

今日は Wegmanという 巨大スーパー2時間コースの日
本当は 明日の Whole Foodsがお気に入りなんだけど~~
何もないし、買いに行かねばっ

ここは 隣にあるクラフトショップ
手作り用品の巨大スーパーですね
なんでも 巨大
だって、この両側の列・・・・・全部シールです
もうあと1列ありますよ
見るだけで 目が痛くなる~~






image


ちょっと マスキングテープなどをみて
次は いよいよ食料品

野菜には 全て 番号が表示してあるので
その番号を覚え、野菜を袋に入れて この計りに乗せ、
番号を入力すると 重量で値段が出てきます。
それでよければ プリントと押すと
印刷したシールが出てくるので それを袋に貼って終わりです。
いちいち、レジの人が計りにかけなくてもいいようになってます。
値段に納得いかなかったり、やめたい場合は
シールを捨て、品物を戻せばOK

正しくないものの番号を入力したら?
う~~~~ん、レジで判明するのかしないのか・・・・・
たまねぎにも 色々な種類と値段がありますからねえ
お年寄りとか 番号が見えないので やらない人も多く
レジは この手間をしてあるか していないかで
列の解消の速さが違います。
大量に買っていても 早い列もあれば
ちょっとの買い物なのに 時間がかかる場合もあります。
見極めは・・・・・・なかなか難しい
買い物に慣れている主婦が並んでいるところ・・・・かな

15品まで、という列もあるので
数えてみて 17品だったら どれか諦める、という手もあります。






image


あと2週間だけど
お花の時期、ちょっとは部屋を華やかにしたい・・・・・
チューリップを買いました
これで 6ドル
薔薇は 20ドルだったので 倹約したんだけど
野菜や肉を全て オーガニックにしたら 100ドルを超えてしまい
りふぉんパパのメールに 銀行から
「148ドルも使われたぞ」というメールが行ったらしい
デビッドカードなので すぐにわかってしまう。
多分 100ドルを超えると 防犯上 警告がいくんでしょうね
今度から 15品ではなく 100ドルを超えるかどうか
計算しなくちゃ・・・・・・・
だって 無駄遣いしているわけじゃないのに 感じ悪いっ

「スーパーで 148ドルも買ったんだって?」と パパからメール(笑)

一週間分買ったんだよっ
これを 一人で運ぶ苦労も入れてほしい~~






image


これも オーガニックの果物たち
ベリーも最後なのでね・・・
ジャムがなくなったので 買おうかと思ったけど
もう 使いきれないし
だったら 手作りジャムを作ろうと思って 大量買い
早速、ラズベリージャムを作りました

明日は ブルーベリージャムを作ろう






image


いい匂い~~~
安いジャムを買ったほうが ずっと 手間もかからず安いのに。

ま、まあ~~PEPPERIDGE FARMのクッキーが 2袋で5ドルだったし
ギラデリのチョコレートも安かったし
チーズも フレッシュモツォレラを買ったし
色々 贅沢をしてしまったのだけど~~
なるべく 日本に帰ると手に入らないものを、と
りふぉんパパのためを思って・・・・・・

あ~~~~~っ
アボカドを買うの、忘れたっ
アーティチョークは買ったのに~~~
なかったことにしよう・・・・そうしよう







ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


ブログランキング参加中
bnr_l
りふぉん@2008年元旦生まれ。9歳になりました!!いつも応援ありがとうございます。
コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • 久しぶりのプチ断で回復
  • 久しぶりのプチ断で回復
  • 久しぶりのプチ断で回復
  • 久しぶりのプチ断で回復
  • 久しぶりのプチ断で回復
  • 久しぶりのプチ断で回復
  • 久しぶりのプチ断で回復
  • 土砂降りのドタバタ
  • 土砂降りのドタバタ