sotto voce

ジャックラッセルテリアの「りふぉん」とママ+パパの日々の日記です。

2014年09月

ブダペスト到着

6303fd02.jpg



りふぉんママです~~

ウィーンを離れ、ブダペストに到着しました~
ウィーン西駅から3時間、30分ほど遅れましたが
無事に ブダペスト東駅に着きました。

まずは 木曜日に ウィーンへ帰る列車の座席予約
今 ドイツで ビール祭りがおこなわれているので
念のため・・・・
座席を予約しておけば ぎりぎりでも安心です

そして、3日間市内交通乗り放題のパスを購入
ブダペストは 検札が非常に厳しいので
旅行者だからといって
「知らなかった、間違えた」は通りません
逆に 旅行者だけ 検札されることもあるので
切符はしっかり持ち、余分なシングルチケットを買っておくか
乗り放題のパスを持っているのが 安心。
3日間で 2000円ほどでした。
10回くらい乗れば 元がとれるし、切符を買う手間もなく
地下鉄からバスやトラムに自由に乗りかえることもでき
観光客には 便利です。

今年 春にやっと完成した 新しい地下鉄4号に乗って
ホテルへ向かいました。
前回 泊まったホテルと同じ。
古いけれど いいホテルです。


早速、市場へ・・・それが こちら
巨大な市場です






1ed652bf.jpg



すごい数の店がひしめきあって
まさしく ブダペストの胃袋です
ハンガリーといえば パプリカ
山積みになってます。




3897bbac.jpg



2階は雑貨、お土産、陶器、などなど
屋台もたくさん 並んでます
美味しそう~~





61129fe7.jpg



お天気がいいので 散策
ちょっと 暑いくらいです



エルジェーベト橋から 王宮をみたところ、
もうちょっと近くまで~~と トラムに飛び乗りました





6cfff8ee.jpg



これは 市内教区教会
西日が当たって 輝いてますね





d49a6387.jpg



適当にトラムを降りたら、あら、きれい
これは なにかしら~~
・・・・って ながめてたら
道を聞かれました
私も 今、きたんですけどね・・・・





c659f19c.jpg


くさり橋と王宮~~
ブダペスト一番の観光名所、
夕方は逆行なので、また明日~~




ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


src="http://livedoor.blogimg.jp/sottovoce_lifon/imgs/7/7/77d6d37b.jpg
" border="0" />

クロスターノイブルク

6ee9273f.jpg



りふぉんママです~~

今日は 泊まっている町、クロスターノイブルクの紹介です。
この町は とても有名・・・・
、というのも サウンド・オブ・ミュージックの
トラップファミリーが、ザルツブルクに移る前に
住んでいた場所、なのです。

ウィーンに首都が移る前は ここが政治の中心でもあり、
この町の象徴、クロスターノイブルク修道院は
観光地として 多くの人がやってきます。

今日は 快晴のウィーン、
早速 修道院にいってみました~~
それが・・・こちら~~





07b42da2.jpg



庭園や一部は 自由に見れますが
ガイドツアーでないと、内部の部屋や
財宝をみることはできないので
もちろん、ツアーに参加、
ドイツ語ですが、音声で英語も日本語もあるので
大丈夫、詳しい説明がありますよ~~


この塔にも のぼりたかったけど
クリスマスしか ダメなんだそう~
それまで 待てない・・・・(笑)





19fa7a23.jpg



オリジナルのステンドグラスも現存していて
かなり 保存状態がいいです。





353761df.jpg



午後は バスで メルクという町まで行って
そこから ドナウ川のクルーズに乗りました。
お天気がよく、暖かいので 絶好のクルーズ日和
前にも 一度 乗ったことがあるけど
逆方向に乗ったので ちょうどよかった・・・・
風もなく、穏やかな秋の日、気持ちよかったです





b723174f.jpg



ドナウ川流域は ワインの産地、
非常に良質のワインが生産されています。
気温が 高くならないので ほぼ、白ワインです

今の時期は ワインになる前の 発酵ブドウジューズ
STRUMが 美味しいです。
あまり お酒が強くないかたに お薦め
船の上で 楽しみました~~
美味しいですよ~~っ





1bc66297.jpg



船を一度 乗り換えて デュルンシュタインまで。





86431aef.jpg



そろそろ デュルンシュタインが見えてきました~~




da6a913d.jpg



かわいい、小さな町が お城の下に広がっていて
たくさんのレストランや店が軒を連ねています。
週末、多くの人が ウィーンのまちから遊びにくるようです。
避暑地としても 人気。





ba2714cb.jpg



今年は 紅葉がすこし遅れていますね
例年だと そろそろ 色づいているのですが~~
秋は これから 一気に深まっていくでしょう。

暮れる夕日を眺めながら
川沿いのレストランで 食事。

夜になっても 外のテラスで食事ができるなんて
今日は 本当に 暖かい、いい日でした~


明日は ブダペストに発ちます





ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


src="http://livedoor.blogimg.jp/sottovoce_lifon/imgs/7/2/72c73258.jpg
" border="0" />

ブラームスはお好き?

097b7057.jpg



りふぉんママです~~

今日は またまた 早起きして
電車を乗り継ぎ、ウィーンの街へ出て、 グラーツ行きの列車に乗り、
1時間半、ミュルツツーシュラークという 舌をかみそうな町へ
行ってきました~~

どうしてかって?
ブラームスが好きだからですっ(笑)

ここは ブラームスが1884年と1885年の夏を
過ごし、あの交響曲4番を作曲した家があるんです
今は ブラームス博物館として 一般公開されている、と
きいて、行かないわけにはいかない~~~
だって ブラームスがお好きなんですもん。

交響曲4番は ブラームスが好きになった曲、
聴くたびに 学生時代の色々な思い出がよみがえる特別な曲
それを書いた家・・・・
もう ワクワクを通り越して ドキドキ

小さな駅から歩いて10分ほど、
こじんまりした歩行者天国のメインストリートは
土曜日とあって 賑やか・・・・
その 通りの端っこに ブラームスの家はありました

銅像に 敬礼っ
「もうちょっと ブラームスがうまく弾けますように」
好きと上手い、は違うのよねえ~~
ブラームスを もうちょっと うまく弾くために
続けているようなもん・・・・・
永遠に ブラームスは遠い

あれ? 鍵が閉まってる・・・そんな バカなぁ~~
週の半分しか 開館していないけど ちゃんと確かめたのに・・・

「ベルを鳴らしてください」
ベルを鳴らしたら インターホンで
「ちょっと待ってて」
あ~~~良かった。
遠路はるばる 日本から来ましたっ





5528c7b2.jpg



こちらが 入口・・・・
どうせ、博物館とは名ばかりの、
たしたことないんじゃ~~ないかな、と思ったら
どっこい、予想をはるかに上回る、ブラームスの家
さすが・・・・ブラームス様

トレードマークの 赤いはりねずみも愛おしい



中には 自筆の楽譜、所有のピアノ、写真が
数多く展示してあって、
オリジナルの部屋も現存、
思いきり 空気を吸って
来年、弾く予定のブラームス・・・ちょっとはマシに弾けるかしら

小さなサロンもあり、
演奏会もしばしばあるそう~~
こんなところで演奏できたら・・・・夢のまた夢

ショップで ブラームスのピアノで演奏したCDなどを買いこみ
大満足で ブラームスの家をあとにしました。







b039471b.jpg



そして・・・
この標識に沿ってあるのが「ブラームスの小路」
曲の構想を練りながら歩いた道が 5kmほどの散策路に
なっています。
歩けない距離じゃないけど
雨のあとは ぬかるんでいるところがあるので
「靴がダメになっちゃうよ」とは 博物館のおじさんの忠告
ちゃんと 整備されているところだけにしました。





57862ff6.jpg



雨上がり、空気も澄んでいて
気持ちのよい散歩コース
りふぉんも一緒にいたらな~~~(笑)





8d1c36f0.jpg



ところどころ、分かれ道には この赤いはりねずみ
森の奥へ奥へいざなうように立ってます。





557ba321.jpg



どこまでも歩いていきたかったけど~
1kmほどいって、戻ってきました。
今度 来る時は どろどろになってもいい靴で(笑)
ブラームスと一緒に歩きたい





8c4feb72.jpg



そろそろ 木々も紅葉して
冬は 深い雪に埋もれるのだろうな~
山のところどころが スキー場になっているみたいでした





37dd95d7.jpg



小さな教会もあり、
自然を生かした 素敵な家も建っています。

・・・・あっ 空き地がある~~
ここ、土地 いくらかしら?(笑)





b90fff21.jpg



で、ミュルツツーシュラークの駅
こういうスペルです~~
あ~~発音が難しい

適当にランチをする場所がなかったので
列車の食堂車へ。
もう 日本の電車からは 姿を消してしまったけど
ヨーロッパでは 食堂車は人気。
一等車では 席で注文すれば 持ってきてくれるけど
食堂車で 食べるのも 雰囲気があります

快適な列車の旅、
今日も 満喫~~っ

充実した取材4日間、
明日は サウンド・オブ・ミュージックの舞台で有名な
この、クロスターノイブルクにいるのだから
有名な修道院にもいかなくちゃね

ブラームスはお好き?
はいっ 大好きです





ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


src="http://livedoor.blogimg.jp/sottovoce_lifon/imgs/7/2/72c73258.jpg
" border="0" />

取材3日目

4b889575.jpg



りふぉんママです~~

取材旅行3日目(笑)
昨夜は ミラベル宮殿での 演奏会を聴いてきました。
隣に座ったカナダからやってきたおじさんと
お喋りにも花が咲き・・・・・
なんと、コンサートははじめて、なんですって
「でも~ここに来たら音楽、だよね?」
「そうですねえ~~」と 大笑い

ミラベル宮殿の庭園は美しい。
夜遅くまで解放されているので 楽しめます。
コンサートの前、しばし、散策





9a1f811f.jpg



宮殿の広間で ヴァイオリン&ピアノの演奏
モーツァルトとブラームスを楽しみました。
美しい広間です・・・・





8ab95607.jpg



今日も大車輪で取材(笑)

朝8時から 歩きはじめ、
まずは モーツアルト広場
銅像に向かって
「どうか、もうちょっと ピアノがうまくなりますように・・・」





3651c0a0.jpg



こちらは 大聖堂
戦争で破壊されたのち、再び建造、
がれきの一部も残されていました





6d40f475.jpg



モーツァルトの小橋を渡って 新市街側から
ホーエンブルク城をのぞみます。
ちょっと 曇ってて 残念~~
お天気は なかなか 回復せず~~
山の天気ですからね・・・・





8b069b1d.jpg



モーツァルトのレジデンス、
生まれた家が手狭になって 引っ越した場所
ここで お父さんのレオポルドが亡くなっています
博物館として 当時の楽器や自筆の楽譜、手紙が
多数、展示してあります。





34e4a587.jpg



一階にあるカフェ、クラシック
モーツァルトが流れていて
カフェも美味しく、落ち着いたカフェです
すっかり 居心地がよくなってしまったぁ~~
いかん、先を急ぐのだっ





4379be7e.jpg



カプツィーナ修道院に続く坂道
これが・・・・急坂~~
ヒーヒーのぼると いい景色が見られます
つ~~~か~~~れ~~~~た~~~~(笑)





47bd1148.jpg



修道院です。
この先、1.3km 山道をのぼると
もっといい景色が・・・・・
・・・・・・またの機会にしよう~~っと


朝の散歩だけで 1万歩・・・・
もう無理~~~ってことで お昼の列車で
ウィーンに戻ってきました。
月曜日、ブダペストに行くための、
パパの切符を購入、
地下鉄と郊外電車を乗り継いで
クロスターノイブルクに到着・・・・・
やれやれ~~

明日は 前半の取材、最終日
かなり 疲れているけど 大丈夫かなぁ~~
また 早起きして 電車に乗る予定





ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


src="http://livedoor.blogimg.jp/sottovoce_lifon/imgs/7/2/72c73258.jpg
" border="0" />

ザルツブルクへ一泊一人旅

7a68f0d7.jpg



りふぉんママです~~

りふぉんは シッターさんのお宅で
お友達のジャック女子2匹やトイプーちゃんたちに
囲まれて、楽しくやっているようです。
家では見せない笑顔の写真・・・・外面がいいな~(笑)

ところで、
コメントのお返事が 何か設定の関係で
こちらからできないようです。
旅先で 設定を変えるのも不安なので
大変 申し訳ないですが、帰ってから・・・ってことで。
すみません・・・
嬉しく 読ませていただいてます~

さて・・・・
昨日の夜は オペラを観てきました
オペラは大好きで 学生の頃は
年間のシーズンチケットはもちろん、
毎週のように 立ち見席を買って 行ったものです。

そういえば~~
ヨーロッパで オペラを観るのは初めてかも・・・・
なんか、チャンスがなかったですね~

睡魔と闘いながら きらびやかな歴史ある劇場で
つかの間の夢を味わいました~
ホテルに2分で帰れるのも 良いね~~っ





b6134294.jpg



今朝は~~
まだ 風邪が抜けきらないパパに別れを告げ(笑)
ザルツブルクへ向け、出発
なるべく早く着いて 遊ぼう~~
ザルツまでは 2時間半
ドイツ国鉄ではなく、WestBahnという電車にしました。
とっても 近代的で快適な電車なんですよ。
ね?
今回は 久しぶりに ユーレイルパスを購入しました。
ブダペストにも行くので
オーストリアーハンガリー フレキシーパス
有効期間2ヶ月の間で 任意の5日間 乗り放題になるパスです。
ザルツ往復、ブダペスト往復、それに土曜日の日帰り旅、
合計5日間 使うつもりです。
これがあると チケットを買う手間がなく(しばしば長い列になってます)
さらには 1等に乗れるので 非常にお得です。
乗れば乗るほどお得なので 昔はよく使ってたなあ~

電車の旅はいいですよ~~
車窓がいいし、食べたり、寝たり(笑)
私は とっても好きです。





cd63f49e.jpg



ザルツには11時すぎに到着
すぐに ザルツブルクカードというのを購入
これは 24時間、乗りものが乗り放題
さらに ほとんど すべての博物館の 入場料が無料になります。
26ユーロですが、博物館に3つ入れば 元がとれます。
48時間用、72時間用もあります

そして バスに乗り 世界遺産の旧市街へ。
少し 雨がパラついていたけど
傘をさすほどではなく、ホテルに荷物を置いて
モーツァルト広場へ。

ホテルは 目抜き通り、ゲトライデガッセにある、
モーツァルトの生家そばにとりました。
一人なので 安全と快適さが大事~~~





9e925d57.jpg



少し 雨が降ってきて、
たくさん歩いていた人も 雨宿りで ランチ・・・
ちょうど 12時ですね~
で、私もランチにしました





60712294.jpg



ふとみると こんなカフェが・・・・
シューベルト?
入って 聞いてみたら やはりシューベルトが住んでいた家なんだそう
偶然ですが ラッキーでした。
ブリュスケッタとりんごジュースで ランチ
奥まっているので 人もいなくて 静かでした~~





343280c9.jpg



で、こちらが モーツァルトが生まれた家
超有名な 観光スポット、
30年近く前に 一度来たと思うんだけど
全然 中を覚えてない
なんか とっても 中がきれいになったような・・・・
改装して 資料も集めたのでしょうね
生まれた部屋を中心に モーツァルト一色でした~
いやぁ~~やっぱり いいですね





314a210b.jpg



ゲトライデガッセには たくさんの店がひしめきあっていて
どれも 入ってみたいけど~~
まずは 取材をせねば~~というわけで
ザルツブルクが世界に誇る音楽祭
ザルツブルク音楽祭の会場、祝祭劇場の内部見学ツアーへ。





76b829ec.jpg



こちらが その会場、
夏の間、たったの6週間しか使わないホール、
あとは 復活祭とモーツァルト週間、新年に
決まったコンサートやイベントがあるのみ。
夏の音楽祭で 95%の収益を得るので
その チケットは 非常に高価。
それでも 前年の11月に売り出し、すぐに完売します。
ホテルも その期間が 倍以上の値段になり、
街は 世界中から来る愛好家で埋まります。

とっても 面白い見学でしたよ。





0346e801.jpg



ホーエンザルツブルク城も見えます
今日は お天気がいまいちなので
明日、登ってみます
ザルツの街が見渡せるでしょう。





d97c1282.jpg



これが、音楽祭のホールです。
舞台裏もみせてもらえ、演奏家の立場としては
非常に興味深かったです。
まさか、音楽祭のチケットは 一生 買えないだろうからなあ~(笑)


パパも 無事、クロスターノイブルクに到着、
お仕事を始めたようです。

明日は 午前中 ザルツを散策して
午後の電車で ウィーンに戻り、
パパとクロスターノイブルクで合流します。

今夜は これから ミラベル宮殿でコンサート
楽しみ、楽しみ~~~っ





ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


src="http://livedoor.blogimg.jp/sottovoce_lifon/imgs/7/2/72c73258.jpg
" border="0" />

ブログランキング参加中
bnr_l
りふぉん@2008年元旦生まれ。9歳になりました!!いつも応援ありがとうございます。
コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • りふぉんとNY1日目
  • りふぉんとNY1日目
  • りふぉんとNY1日目
  • りふぉんとNY1日目
  • りふぉんとNY1日目
  • りふぉんとNY1日目
  • りふぉんとNY1日目
  • りふぉんとNY1日目
  • 久しぶりのNY