sotto voce

ジャックラッセルテリアの「りふぉん」とママ+パパの日々の日記です。

2016年06月

爪が切りたいっ

DSC_0121


りふぉんママです~~

ただいまっ です!!!
いきなり、このタイトルはないだろう~~と思いますが
でも 切実な問題っ
2週間以上の旅行になると 一番のジレンマが「爪」
毎度、申し上げているように、機内持ち込み荷物だけで旅行するので
ハサミ、爪切り、カミソリの類はもちこめない。
特に 爪切りは困るのです。

この程度だと 普通ならば マニュキアでもすればいいじゃん、と思いますが
職業柄、爪は 白いところが ちょびっとでも見えると切りたくなるのです。
ここまでくると 我慢の限界
今回は ヤスリで 両側を少し削る、ということで
なんとか 我慢しましたが、何度、薬局で 爪切りを買おうと思ったか・・・・
でも 買っても 捨ててこないといけない、もったいない
う~~~~ん、と 悩み、結局 今回も買わず・・・・
チョコレート屋で悩み、爪切りの前の悩み・・・・・


帰宅して 真っ先にやったことが 爪切り~~
あ~~すっきりしました。






DSC_0123


さて・・・・もちろん こちらのかた
りふぉん、元気で帰ってきました
もう 昨日の朝から「帰るモード」で ご飯も食べなかったそう
「お家に帰って ママと一緒に食べるからいいの」
と 荷物をまとめて スタンバイ(笑)
その前の日まで ガツガツ食べていたらしいのですが、
一気に 帰宅モードになったのは どういうわけなんでしょうか
ママの「もうすぐ帰るよ~~」という フランクフルトからの声が
聞こえた?とか?


帰宅直後、大興奮の様子・・・・
ご飯も 食べませんでしたが
私が 少し 落ち着いて りふぉんのそばに座って
ご飯を もっていったら 私におチリをくっつけて 甘えながら食べました。
今朝も 出したら 食べなかったけど
りふぉんのそばに座ったら 食べました
どんだけ 甘えたいのか・・・・・・






DSC_0124


そのうち、少し 怒っていることを主張したいらしく
この表情~~~
「長かったねっ






DSC_0125


「ごめんよ~~」
「もう しばらく いかないからさ」

「ほんと?」
「8月になったら 一緒に家族旅行にいこうね」






DSC_0127


パパが 普段通り 出勤していったら
だんだん 穏やかなこの表情~~
「ふふふ、ママと二人だ・・・・・」

りふぉんなりに 緊張もあり
頑張って お留守番したんだね~~
一度も体調を崩すことなく 食欲も落ちず
みんなと 仲良く遊び、まったく 問題がなかったそうで
ホッとしました
・・・・よくできましたっ






DSC_0126


1日、りふぉんとゴロゴロしていたいけど
そうもいかないんだよね~~
さぼった分 取り戻さないと。
楽あれば苦あり、なんだよ、人生は~~~







ランキングに参加しています
今日も ポチっとお願いできると嬉しいです



ヨーロッパの旅、最終回

DSCN4469


るるぶりふぉんママです~~
今、チューリヒの空港です。
これから フランクフルト経由で羽田へ飛びます。
もう少し 近くなってくれると助かるんですが~~
「もっと早く飛べないのか?」と聞いたら
これくらいが 一番 燃費よく飛べるそうです。
確かに コンコルドなんか 不経済と爆音で すぐに廃止になりましたものね。
また 夜のフライトなので 寝てしまおう~~っと

今回の旅については今後も 思いだして書くこともあろうか、と思いますが、
現地からのレポートは これが最後です。
今回も 読んでくださって ありがとうございました。

おおむね、お天気にも恵まれ、
これといったトラブルもなく、
かなり 精力的に動けました。
といっても 時々、どこかへ行く、程度ですが・・・・・・
ツアーとかで行くと この何倍もの見学ができるのでしょうが
いちいち チケットを手配し、探して 歩いて 電車に乗って、の旅では
体力がもちません・・・・・
でも 出発前に考えていた以上の経験ができたので よかったです。


さて~~旅の最終地、スイスのチューリヒも お天気がよく
気候もちょうどよい 絶好のお日和です。
まずは こちらが オペラハウス。
残念ながら オペラの日程とは合いませんでしたが
オペラハウスでのコンサートのチケットが買えました。
窓口の方も とても親切に 一番安い席だけど 真ん中をくれましたよ。
オペラハウスの中を見たかったので 嬉しい~~
オペラハウス内部は後日 載せます。






DSCN4472


中央駅のあたりは 川ですが、
オペラハウスまでくると チューリヒ湖
白鳥が優雅に泳ぎ、お魚もいっぱいいます。
みんな 日向ぼっこ、この時期には 街の人は できるだけ外に出るようです。
冬が長いですからね~~






DSCN4475


お天気もよく、気持ちがいい~~
本当に 美しい いい街です・・・・物価の高さをのぞけば・・・・

右の塔が聖ペーター教会
左がフラウミュンスター教会です






DSCN4476



スイスは これから 観光の時期、
大勢の人が 世界各地から訪れるのでしょう。
山に湖に川に・・・・どこをとっても 美しい観光大国です
たぶん スイス国民にも その自覚がおおいにあるようで
案内所やお店、レストラン、どこも 親切で丁寧、感じがいいですね。
ドイツ人とは また ちょっと違う感じなので スイス国民の民族性でしょう。
英語はもとより、フランス語、イタリア語も上手。
オペラハウスの窓口の方も どの言語でも 流暢でした。
さすがっ






DSCN4478


グロスミュンスター教会
堂々としたたたずまい・・・・街のシンボル的な存在です。
街の中に 高い塔があると それを目印に歩くことができます。
チューリヒの街は 旧市街に限っては 徒歩で十分
それ以外は 市電が網羅しています。
どこへいくにも便利な街ですね~~
空港へも トラムで30分、中央駅から電車だと10分です。
1日券を買うと、トラム、バス、電車、あと遊覧船(近いところの周遊)も乗れます。
8.6フランくらいなので ホットドックが8フランくらいするのを考えると安いです。







DSCN4482


物価が高い、と連呼するのは 失礼ですが、
でも・・・・・高い

こちらは スイス以外には 絶対に店を出さない、頑固なお菓子屋さん、
Sprungliです。
向かって右側がお店、左側にカフェがあり
賑わっていますが~~~たかっ
もう 宝石箱のような店内ですが 陳列してあるものも 宝石級~~~






DSCN4487


チョコレート、マカロン、ゼリーなど 色々あり
また パンやお惣菜、カナッペのような ランチになるものも売ってます。
売ってますが~~たかっ

このチョコレート、150gの板チョコが 10スイスフラン
今、レートがどの程度が存じませんが、1200円くらいするんですよ~~
とても お土産に大量購入できる代物じゃ~~ござんせん
でも、食べてみたいっ
スイスにこないと買えないっていうのがね~~売りっ

ぐるぐる回って この2枚
チョコレートを2枚 クレジットカードで買うとは・・・・
コンサートのチケットだって 15スイスフランだったのに。
(一番安い席ですが・・・・・)


レシートを記念に持って帰りますわっ
あ、ミルクチョコレートはチューリヒが発祥なんですって。



ではでは~~
この次は 日本から、
もちろん かの方の登場ですっ
とっても 元気にしているようです・・・・・良かった・・・・







ランキングに参加しています
今日も ポチっとお願いできると嬉しいです



Castelgrande

DSCN4371


るるぶりふぉんママです~~

イタリア最後の日、最後に残ったお城へGO~~~っ
いつ 雷雨が襲ってくるかわからないので 早めに行動です。
ホテルに荷物を預け、一番大きなお城へ。
読んで字のごとく、「大きなお城」です
Castelgrande

13世紀~15世紀のお城ですが、ここに人が住み始めたのは
5世紀の半ばごろ、と言われているそうです。
その後、城主がかわり、名前も変わり、いくつもの戦いを経て
17世紀ごろから 今の姿に変わり始めて 19世紀にこの規模になったそうです。
発掘作業も盛んに行われ 調査があり、
人骨や鮮やかな壁画などが保存されています。


夜になると このように 3つのお城がライトアップされますが
ものぐさなので ホテルの窓から 身を乗り出し、眺めました。






DSCN4373


大きな岩の上を削って 立てられた城、
今では 便利なことに 上まで エレベーターがついてます。
もちろん 階段もありますとも・・・・
我が家がどっちでいったか?
りふぉんパパに全権がありました~~






DSCN4378


エレベーターを降りると 広いお城の中庭
ぐるっと城壁に囲まれて 緑が美しい~~






DSCN4383


もちろん 城壁の上は 見張り台の役割がありますから
登って ぐるりをまわれます。
海外にいくと かなり危険な場所でも 手すりがついていません。
できるだけ オリジナルな保存を優先し、観光客は 注意して歩きます。
手すりや柵をつけないと危険、と ことごとく金属を打ちこむのは考えもの
見せてもらう側が 注意を払えばいいことですから








DSCN4392


なんだか スキーのジャンプ台のようですが
大砲なんかを運べるくらいの幅があります。
ずっと下まで このスロープが続いていました。
まわりは 一面のブドウ畑






DSCN4398


塔が2本
そのうちの一本は人間に(観光客に)、
一本は 鳥に解放されていて 塔の中は鳥の巣がいっぱいのようでした。
次々に 小さな穴から鳥が出入りする様子、かわいいです






DSCN4400


上からは 街が一望
大聖堂も眼下によく見えます。
日曜日、教会ではミサが行われています。
時間がなかったけど 土曜日に礼拝したし、ご勘弁を・・・・・
あと少しの旅、どうぞ お守りください






DSCN4421


お城の中の美術館には 壁画が保存されています。
動物が多いのです。
想像のもの、実際のもの、理想のもの、犬、トラ、鹿などは
そのものなのですが、象は足が短いし、うさぎがコケティッシュ
見ていると面白いですよ~~
受付のおばさんが「ビデオも英語で上映できる」と言ってくれたので
せっかくですから 貸し切りで みせてもらいました。
この城、そして Bellinnzonaの歴史が けっこう面白く書かれていましたよ。







DSCN4442


ランチを済ませ、2時のEC特急で スイスのチューリヒに向かいます。
列車ですが~~毎回 どうしても解せないことがあり、
これについては 後日 書きます。

だんだん スイスの山になってきますと 雪が残っていますね
やっぱり スイスだなあ~~という風景に変わるんですよね~~
湖や川・・・・・家の形もスイス






DSCN4446



言語も 駅を通過するたび ドイツ語に変わって行き
車内アナウンスも それまで イタリア語が最初だったのが
チューリヒ近くになってくると、ドイツ語、イタリア語、そして英語の順番
ほらほら~~りふぉんパパの出番ですよ

・・・・・・駅の案内所でも 英語でやってたし・・・・ずるいっ



チューリヒ旧市街の真ん中の小さな宿に到着
今回、最後の宿です。
小さいけれど清潔で とっても便利な場所
りふぉんパパは お仕事、私は チョコレートでも買いにいこ~~~っと






ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです






世界遺産、ベリンツォーナ

IMG_6409


るるぶりふぉんママです~~

久しぶりの登場、りふぉん元気です。
食欲も落ちず 元気に過ごしているようです。
ジャックをみかけては ため息のパパ&ママを尻目に
シッターさんちで 堂々と暮らしているようで
嬉しいやら ちょい寂しいやら~~
でも 元気なのは何よりです。
何かあれば 速攻で帰国しないといけませんから~~

あと もう少しです。
待っててね・・・・
・・・・・・・待ってないか・・・・・・・・







DSCN4269



さて、イタリア・コモ湖から スイスのチューリッヒに移動する途中、
週末の一泊を ベリンツォーナというところにしました。
こちらに来るまで 知らなかったのですが、
ここは 3つの城と城塞が世界遺産に登録されています。
そこで、急遽 ここに立ち寄ることに決めました。

コモ湖から ローカル電車で 1時間ちょっと、
駅前のホテルに荷物を置き、早速 このかわいいトロッコで
一番上のお城を目指します。
一番上まで 楽に運んでもらってから だんだん降りてくる作戦です。

トロッコであがっていく途中で、
ベルガモでご一緒だったご夫婦とばったり~~
な、なんと~~~もう びっくり仰天で 大歓声、
上のお城で 再会を果たしました。







DSCN4334


これが 一番高いところにある、Sasso Corbaroというお城
下からみると こんな感じ、一番小さいです。





DSCN4280


トロッコは15分だけ 停車しててくれますが、
まあ、降りるなら大丈夫、ゆっくり見学です。
15世紀に建てられたもの、規模は小さいけど
どうやら フランケンシュタインと関係があるらしい~~






DSCN4285


我が家は 正直に トコッコと3つのお城が全部含まれたチケットを買ったけど
何も チェックがないし、係の人が見ているわけでもないし、
何もなくても 入れる雰囲気・・・・・
いやいや、こういうお城の保存のために 入場料は払いましょう






DSCN4288


山に囲まれたBellinzona、小さいですが、
あちこちへのターミナルになっているので 駅は大きいです。






DSCN4296


これから行く、下の2つのお城、
右側が Montebello、左側が Castelgrandeです。






DSCN4309


Montebelloへは 徒歩で降りました。
途中には ブドウ畑と教会、なんとも のどかで美しい景色
見とれていたら 向こうのほうの山に黒い雲、
あっという間に 山が見えなくなって ゴロゴロ・・・・・・
Montebelloへ急ぎます。






DSCN4313


Montebelloへ着くころには 雨が降り始め、稲光
雷雨が去るまで ちょっと 雨宿りです。






DSCN4317


13世紀~15世紀に建てられたお城
はね橋があり、敵の侵入を防ぎ、攻撃する仕掛けが随所に見られます。






DSCN4337


お話をしながら 少し雨宿りしていたら
すぐに 日差しが戻り、木々の緑が一層美しく輝きます






DSCN4343


すっかり 雨もやんだので 
Montebelloをあとにし、街へおりていき、
こんな偶然の再会には ワインでも飲まなきゃ~~と
地元のワインで乾杯、楽しいお喋りのひとときとなりました。






DSCN4357


街で一番大きな教会、
もちろん この街にも たくさんの教会がありますが
イタリアと違って どれも簡素、静かな祈りの時間(とき)が流れます。






DSCN4352


内部はこんな感じ。
落ち着きますね、静かです。


今夜は この街で一泊、
明日は 残りのお城を訪ねる予定です。
そして 午後の列車で 最後の目的地、チューリッヒに向かいます。
旅も終盤です。






ランキングに参加しています
今日も ポチっとお願いできると嬉しいです








うめ~~~な、イタリア

DSCN4236


るるぶりふぉんママです~~

この記事がアップされるころ、
コモ湖をあとにし、スイスへ入っている予定です。
スイスでの りふぉんパパの仕事は 月曜日と火曜日なので
週末は 移動+ちょっと休憩
コモからチューリヒへ行く途中、
当たり前に考えると ルガーノなんですが、
湖ばかりになるので ちょっと 雰囲気を変え、
Bellinzonaというところに行ってみることにしました。
一応 世界遺産らしく、3つのお城が残っているとか。
今まで 全然知りませんでしたね~~


さて、コモ湖からの最終記事です。
2週間、お世話になりました~~
一番 お世話になったのは 食生活
今日は 食べ物の数々をご覧にいれましょう

こちらは 実は 最後になって発見した、大きな市場
もちろん 観光客が出入りするような場所にはなく
たまたま シルク博物館に行った帰りに通ったのです。
あまり いい治安の場所ではないので そそくさと通りすぎてしまいそう。
あれ? と のぞいて もちろん 見過ごすわけには・・・・・

バルセロナやマラガの市場のような規模ではないけど
食べ物なら なんでもある、しかも新鮮で安い、です。
「一食入魂」なので こういう場所には狂乱してしまいます。
おばちゃんたちに交じって 試食させてもらい、
大きな 水牛のチーズ、本物のモツォレラを購入。
歯ごたえ、中身トロン・・・・絶対に日本にはない・・・・
パルマの最高級生ハム、100gで 3ユーロ
う~~~ん、塊で持って帰りたいっ
野菜と果物と・・・・・う~~ん、もう持てないぞ~~






DSCN4237


私のランチ、
これ、大好物のアランチーニ、でかいですっ






DSCN4238


割ると 中から桃太郎~~ではなく、ハムとチーズがトロリ
普通は トマトライスの中にチーズを入れて丸め
油で揚げたもので、もう少し小さく、おやつにピッタリ
でも~~つい 食べすぎるので注意なのです。
腹もちがすごくいい。
子供たちが 学校帰りにほおばるようなものですね。






DSCN4243


滞在中、何度も、ほぼ 毎日お世話になった 食料品店
昼間はご夫婦が・・・・
夕方からは 娘さんも手伝って 切り盛りしています。
実に清潔感あり、品ぞろえよく、気持ちのいいお店、
ご夫婦も とっても優しいです。
最後に 写真を撮らせていただきました~~~
本当にお世話になりました。
ここで、地元産のチーズも 生ハムも お惣菜も、手作り生パスタも
パンや グリッシーニ、お菓子も買いました。

いつまでも お元気で、
また 来ることがあったら 真っ先に寄りますね





DSCN4097


こちらのお店の生ラビオリ
これは ほうれん草とチーズ入り。
6分間茹でると こんな感じ






DSCN4233


これも こちらのお店のラビオリとお惣菜
ズッキーニやナス、ペペロンチーノ。






DSCN4104


出先で食べたもの・・・・・

これは ベルガモのレストランで食べた その日のお薦め
パスタとポレンタ、それに うさぎの肉のローストです。
これに 水、カフェ、お菓子、食後酒がついて 13ユーロ
高いベルガモでは とっても良心的なお値段
景色は抜群ですしね~~~






DSCN4239


コモ湖のレストラン
こちらは タコのマリネと牛肉のカルパッチョ






DSCN4240


パスタをホイルで包んで焼いたもの。
中は海の幸 満載






DSCN4241


手打ちのタリアテッレ
・・・・・よりも もうちょっと細くて厚みがあるかな。
こちらも 大きなエビがゴロゴロ






DSCN4242


こちらにきてから 肉不足の私~~
「絶対 肉を食べるっ」と 注文したのがこちら。
柔らかくて うま~~~~~ぁいっ
あえて なんのソースもかかってません。
塩コショウも自分で・・・・・・
それでいいのだ。







DSCN4244


コモ湖最終日なので
友人を呼んで 簡単なワインパーティー
準備できました~






DSCN4246


中でも このモツォレラチーズ、
ナイフを入れると 中から とろ~~~り
本物の水牛のモツォレラは 水分が多いのです。
フレッシュ、しかも これ 1個 ものすごく大きいのに2ユーロ
一人で一個、贅沢に食べました。

なかなか レストランでは 食べられない、市場ならでは。
それも 試食させてくれたくらいだから
新鮮なうちに 早く売りたかったのでしょうね。
グッドタイミングでした~






DSCN4248


この日も 生ラビオリ、4種類買いました。
たくさん パスタを食べたなあ~~
美味しい、美味しい イタリアでございました。
あまり レストランに入ってないんだけどね。


さて、スイスのbellinzonaに到着しました。
世界遺産の3つのお城、2つ 行ってきましたよ

・・・・・・で!!!!! びっくり仰天、
また あの AP通信の方に偶然 お城でばったり~~
これは もう 神様のお導き~~~なんて言いながら
ワインをご一緒させていただきました。
イタリアとスイスで偶然 出会うなんて・・・・・
今度は ぜひ 日本で・・・・・また 偶然?
2度あることは3度あるっ







ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです

ブログランキング参加中
bnr_l
りふぉん@2008年元旦生まれ。9歳になりました!!いつも応援ありがとうございます。
コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • いい店みっけ
  • いい店みっけ
  • いい店みっけ
  • いい店みっけ
  • いい店みっけ
  • いい店みっけ
  • いい店みっけ
  • いい店みっけ
  • いい店みっけ