sotto voce

ジャックラッセルテリアの「りふぉん」とママ+パパの日々の日記です。

2017年04月

ボストン満喫

image


るるぶりふぉんママです~~

旅行にきても 観光せずに
ぼんやり公園などを眺めていることが多いのですが、
今回は なんだか アクティブです

普段は どこにいても 仕事ばかりのパパも
非常に文化的な毎日を送っていて 友人には
「1年分の娯楽をしたんじゃないか」と言われてますが
私からみると、ゆうに5年分ですね
過去、10年さかのぼってみても
これだけ コンサートや美術館に行ったことはないんじゃないかな

とはいえ、平日の昼間はお仕事びっしりだし、
今日、土曜日も 午前中は 美術館
午後は 3人の仕事関係と会って
夜は 仕事半分の会食の予定だから かなりハードです

で、一気に夏になったボストン
昨日、私は Water Frontへ出かけました。
ニューイングランド水族館です

大好きなペンギンが まず 迎えてくれましたよ






image


こちらは 水族館
海に突き出して建っています
ここから クジラを見に行く船も出ます。
前回は クジラを見に友人といきましたが
今回は 水族館をじっくり拝見






image


気にいった動物たち、どんどん行きます






image


これは このサイズのペンギン
とっても小さいけど 活動的です。
動画も撮ったのですが、非常に面白い






image


癒されますねえ~~
私は どちらかというと 絵画よりも 動くものの方が好き
特に 水中の生き物は楽しいです






image


ふふふ・・・・
思わず にらめっこしてしまう~~
もう 夏休みに近いからなのか、子供たちもいっぱい 
これから 子供たちは キャンプなどに出かけるシーズンです






image


気に入ってしまった可愛いやつ






image


ちょうど 大きな海ガメの餌やりをやっていました
レタスを食べるんですねえ~~
大きい体なので どんどん食べる
むしゃむしゃ食べる
いったい どのくらい食べるのだろうかね~~






image


涼しげな水族館をあとにして~






image


向かったのがこちら
クインシーマーケット
海産物を食べるなら、ここです






image


もちろん、心に決めていたロブスター
堂々一匹 茹でてもらいました
ちなみに お値段は25ドル
これを 街中のレストランで食べると 倍近いですね

陽気なおじさんが
「一緒にクラムチャウダーもどう?」
そうそう~~忘れてはいけないのが
ニューイングランドクラムチャウダー
クラムチャウダーには 2種類あって
ミネストローネタイプと このあたりでは定番のクリーミーなのがあります

ロブスター・・・・・絶品






image


いきなり 夏になったので もう みなウキウキで集ってます






image


一度、ホテルに帰り
今度は ビーコンヒルへお買い物
こちらは ボストンコモン
ボストンっ子たちの憩いの公園







image


ここを横切って ビーコンヒルまで10分






image


チャールス通りには
素敵なレストランやお店がズラリ
ハイセンスな小物や洋服、アンティークの店などが並びます






image


ちょっと 坂になっている高級住宅街でもあり
このあたり一帯を ビーコンヒル、と呼びます






image


まだまだ 終わらない
友人夫婦と待ち合わせ
夜は ボストンシンフォニーの演奏会

これが・・・・・ちょっと びっくりな素晴らしさ
Andris Nelsonsに 常任指揮が変わって3年目
なんだか 凄くなったんじゃない?

プログラムもよかった
なにしろ アンネ・ソフィー・ムターがチャイコフスキーを弾き
後半は 大好きなショスタコービッチの6番
満員のお客さんは総立ち
凄いレビューが出ると思います。
おそらく録音もしていたのではないかな

ムターの素晴らしいところは
その音質、音のrangeもさることながら
オーケストラに伴奏をさせるのではなく
アンサンブルをしようとするところ。
オーケストラを引きこみ、観衆も彼女の世界に引っ張り込む
ホール全体がひとつになるようで 音楽が何倍にも豊かになりますね
うんうん、そうなんですよね
お客さんも そうやって 育てないといけない

ここだけの話だけど
友人は 少し前に ベルリンフィルをボストンで聴いたそうだけど
「今日のほうが 何倍もよかった」と言ってました
結局、オーケストラも そのホームグラウンドで演奏するのが一番
つまり、ホールの響きも一体となって、コンサートなんですよ
外来の演奏家が 引っ越し公演をしてくれるのは
海外へ行くよりも便利で 安いけど
やはり 理想は その場で聴くことなのかな

今回は そう言う点でも NYフィル、ボストンシンフォニーと
ホームグラウンドで聴けてよかったです。



今日は 午前中 ボストン美術館と もうひとつ美術館
そして 夜は またまた 別の友人と会食の予定
家におよばれしているので ワインを購入してきました。

今日の様子は また 明日







ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです

ボストン到着

image


るるぶりふぉんママです~~

数日、寒くて雨続きだったボストンらしいですが、
もちろん、超晴れ女が参上したからには・・・・・・

あれ?? 霧・・・・・

NYから ボストンへ 電車で移動中
がっつり右側に座って 海を眺めてましたが
濃い霧がたちこめていて なかなか幻想的






image


約4時間で 無事に ボストンに到着しました~~
久しぶりなんですが、そんなに変わってないでしょう(笑)






image


いいっていうのに
友人が 駅まで迎えにきてくれて~~
りふぉんパパを 仕事先へ拉致していきました
あ、そういうことね・・・・
りふぉんパパは 方向音痴に加え、天然なので
どこに行ってしまうか わからず・・・・・
一人で行動すると 常に何かが起こる

車に詰め込んで 連れて行ってしまうのが よろしい


で、誰も心配してくれないので
一人、ホテルにチェックインのあと ランチにでました

こちらは オペラハウス(笑)
真ん中の なんとなく サーカス小屋(失礼)みたいなのがそうです。
オペラといっても バレエとか ミュージカルのようなもの中心です。
今はバレエをやっているようでした






image


ホテルの隣がすぐに中華街なので
鼻をピクピクさせ、
窓からのぞき込み
中国人が入っている店へ
ランチといえども 無駄にはできない
一食入魂

値段も良心的
海鮮かた焼きそばを注文してみました
ひゃ~~~っ 山盛りっ

もちろん完食
とっても 美味しかったですよ
エビもプリプリ
中華街は外れないな~~






image


満腹したら 猛烈に眠くなり お昼寝
ハッと気づいたら 4時半
りふぉんパパと友人と待ち合わせてるのだったっ

大慌てで 地下鉄へ
こちらでは 「T」 と呼んでいます
オレンジライン、レッドライン、グリーンラインなど数種類ありますが
シンプルです。
とっても 便利だし、早い

チャーリーカードというのを もらって チャージして使うのと
チャーリーチケットを購入するほうほうがあります。
チャージのほうが 少し安く乗れます

で、レッドラインに乗って着いたのが ハーバード大学






image


ほうぼうに キャンパスが散らばってますが
こちらが メインキャンパスです。






image


すっかり 気温もあがり、
芝生では 学生たちがくつろいでいました。
もう 卒業式シーズン
大学の授業などは 全て終わっている時期です。

プリンストン大学と並んで 最高峰の私立の大学です。






image


またまた 食べます
グループの人も加わって
Harvard Faculty Clubで 夕食

前菜、ロブスターとアボカドのサラダ






image


あまり お腹が空いてなかったので
軽めに ホタテのグリル






image


別腹のデザート
チョコレートオペラムース

どこが 軽めか、と思われるでしょうが
肉を食べなかったところが 軽いのです。


さらに 気温があがった金曜日
早速 Water frontに 散策

この様子は また明日








ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです

2日目はジャズ

image



NYの2日目、小雨がパラつき、けっこう寒い
立派なホテルの朝ご飯が込みだったのに
簡単なロビーのカフェで たらふく(それでも 色々あったんですよ)食べ
食べ終わってから もっと 立派なレストランでの朝食に気づき
そこで 「まあ、もういいね」と ならないところが
一食入魂の我が家・・・・・・・
つまり~~~~朝食を二度、食べたわけですな・・・・


重いお腹を抱え、りふぉんパパは お仕事へ・・・・
私は グリニッジビレッジ界隈を散策~~

こちらは 老舗ジャズクラブ Blue Note
学生時代に もっと場末の 小さなジャズクラブに行ったことはあるけど
こんな メジャーなところないので ホテルから徒歩1分だし
行ってみることにしました。



とりあえず 昼間は 散策~~






image


なんとも 重厚な佇まい・・・・・これは 図書館






image


グレース教会






image


この界隈は 古いので 家並みも みなこんな感じ
私のホームタウンのアッパーウエストサイドとは かなり違います
パパは こっちのほうが 居心地いいってさ・・・・・ふんっ






image


グルっと回って Washington Square にもどってきたところで
ちょっと雨・・・・・
部屋に傘を取りに戻ったら やんだ
な~~~んだ



またまた 歩き始めて 結局 Marcer st.をChina Town近くまで行って
Broadwayを 引き返してきました。
お店も チョコチョコのぞきながら・・・・・







image


夕飯は 大学の人と 一緒に Minetta Tavernという フレンチレストラン
でも 店内は 限りなく イングリッシュ
アメリカンではなく、イングリッシュね
ヘミングウェイとかも来店している老舗
ふる~~~~いらしいです。

鴨肉をがっつり食べ ワインも飲んで
このまま・・・・お休み~~~ではなくっ

こちら・・・・Blue Noteにやってきました。
夕飯をすませているので バーカウンターでいいか、とも思ったけど
やはり せっかくだし よく見たい
聞いたら テーブル席も案内できる、というので
割り込みました。
意外といい席だったなあ~~
ちゃんと テーブルを予約すれば(テーブル席は予約可)
もっといい席になったかもしれないのに~~
10ドルケチったのが まずかった・・・・・






image


Duke Ellington Jazz Orchestraの演奏
Duke&Ellaの 100歳の誕生日祝いのコンサートですって
1時間15分、抜群のキレ味のサウンドと楽しいトーク
うまいですねえ~~これぞ エンターテイメント
盛り上げ方がうまい
もちろん お伴はプロセッコ(イタリアの発泡ワイン)

いやいや・・・・・素晴らしい夜でございました~~
パパも 大満足

Blue NoteのTシャツを買ってしまった・・・・
相手の思うつぼ(笑)




さて・・・・・
今朝は 5時起き
8時のAMTRAKで ボストンにやってきました。
その様子は また明日・・・・・

パパは 早速 お仕事に引っ張って行かれたので
私は のんびり~~
夕飯で また 落ち合う予定です








ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです



りふぉん情報

image


るるぶりふぉんママです~~

みてくださいっ
この 弾けるような笑顔
いい目をしているので 体調も良さそうです。
あと 3週間、がんばってほしい
いや・・・・頑張らなくていい
ゆるゆる 過ごしてほしいです






image


毛並みも 体の線もいいですね
尻尾も ピンとしている







image


お友達はいないのかな
いや、これからGW、とてもお忙しいようだから
たくさん お友達がくるでしょう
お友達ができればいいけども・・・・
かわいい女子、希望






image



さて、今回の滞在で 最長となる旅に出ています
6泊ですね~~
ニューヨーク2泊とボストンで4泊

昨日は 大雨&風 つまり 嵐の予報でしたが
超晴れ女のりふぉんママ様のお通りだいっ
結局、移動中は 降られず。
電車も遅れず グリニッジヴィレッジにあるホテルに到着
Washington Square Hotel
地下鉄の駅から1ブロック、Washington Square Park の
北東の角にある 古いホテルです。
今回は パパの仕事なので 先方が取ってくれました。
Lincoln Centerのコンサートに行く、といったら 便利なところに
ホテルをとってもらえました。






image


そうこうしているうちに、雨風が予報通り強くなってきたけど
ニューヨークフィルのコンサートを聴くためにお出かけ
こういう状況を予想し、ニューヨークフィルのホールのレストランを予約しておきました。

David Geffen Hall
ニューヨークフィルの本拠地です。
数年前までは Avery Fisher Hall という名前だったのですが
改修工事費を出した人の名前に変わったらしい。

2019年前後にも また 改修工事があるので
また、名前が変わるかも~~ですね

こちらは Kitchenという レストラン
ホールのエントランスロビーにあります。
学生時代もあったか、どうか・・・・
ともあれ、この界隈で 食事をすることなど
学生の身分で とんでもなかったので
やっと そんなお年頃になったのだなあ~~と思います






image


せっかくなので Pre Fixのコース
前菜には グリーンサラダ
大盛りですねえ~~






image


私は 鶏肉のロースト






image


りふぉんパパは ホタテのグリル

だいたい 私が肉で パパが魚のケースが多い
どっちも 味わえる利点もあり






image


食べるのが早いので
あっという間に 食べ終わってしまい
開演までには まだ 時間があるので
デザートと カプチーノをゆ~~~~~~っくり






image


昔と違うのは 入るときに ボディーチェックがあること
これも 時代なのでしょうけど なんとなく さびしいですよね


まだ 開演までには 30分あるので ガラガラ
広く見えますね~~
音響も素晴らしいですよ
とはいえ、最初 できたときは 酷くて
すぐに 改修したホールです。






image


ロビーの壁には色々な古い写真が飾ってあって
これは 欧州旅行のときのもの
真ん中の 蝶ネクタイが トスカニーニです






image


これはね~~
上のライトが当たって 残念なんですけど
なんと 私の一番好きな指揮者、ミトルプーロスとチェロ奏者のカザルス
それに ダニー・ケイという組み合わせの 貴重な写真






image


他にも 昔のチラシ・パンフレットがズラリ






image


演奏は 今 人気沸騰中の若手ピアニスト
ジョナサン・ビスの ベートベンのピアノ協奏曲2番が中心
あと ベルリオーズと エルガー
NYレジデンスの作曲家の作品

う~~~~ん、さすがっ
我らがニューヨークフィル

珍しく りふぉんパパが
「よかった、聴いてよかった」と しきり・・・・・

拍手のときは 写真撮影OKなので せっかくですから
みんな 揃って 最後の挨拶のときに 撮らせてもらいました


あの大雪さえなければ・・・・・
幻となった 公開リハーサル
もう一度 ニューヨークフィル、聴きたいなあ~~
どこかで なんとか できないだろうか~~
・・・・と また 予定をチェックするのでした








ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです




しばし、さらば

image


るるぶりふぉんママです~~

どうして こんなものがあるかというと~~







image


沼があるのですね
そこで 釣りをしている人がいまして~~
時々、足を滑らせるのだとか・・・・
でもねえ~~
まわりに 人がいる確率、低そうです






image


さて・・・・
今日から 一週間 旅に出ます
プリンストンと しばしお別れ

帰ってくると ますます 緑が増えているでしょう






image


今日は かなりの雨量になりそうだし
木々には 恵みの雨となって 一気に森が賑やかになるかも






image


花も どんどん増えています
でもねえ~~
ちょっと 花粉が・・・・

私は スギ・ヒノキ・ハウスダストなど
基本26品目には まったく 反応がないのですが、
アレルギー値はそこそこ・・・・
まったくもって 原因が謎
でも 毎年 この時期 GWの前後
かなり ひどいアレルギーが出ます

ここにもあるのかな~~原因
これだけ 緑があるものなあ~~






image


というわけで アレルギーの薬、ちょっと飲んでます

では・・・・旅先から また・・・・・・・
いってきま~~~すっ







ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです

ブログランキング参加中
bnr_l
りふぉん@2008年元旦生まれ。9歳になりました!!いつも応援ありがとうございます。
コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • 無駄な労力
  • 無駄な労力
  • 無駄な労力
  • 無駄な労力
  • もういいですか?
  • もういいですか?
  • もういいですか?
  • もういいですか?
  • もういいですか?