FullSizeRender2


るるぶりふぉんママです~~

ママのお誕生日に 素敵なプレゼントが届きました
りふぉんの笑顔です

シッターさん、この時期、睡眠時間もとれないほど
ワンズのお世話に忙しいのに、
写真を送ってくださいました
感謝、感謝~~~
なによりの プレゼントです
ありがとうございます






IMG_0053


食欲も旺盛、うんpも快腸
あいかわらず マイペースらしいけど
お友達とも 仲良くやっているようです。






shiba


この茶柴とは 何度も一緒になっているので
仲良く遊んでいるでしょう
まあ、りふぉんなりの マイペースですけどね
はしゃぎすぎることもなく
自分のペースで セーブできる子なので
その点は 安心です。
その分、オフ会などでは 冷めているので つまらないけど。

体調を崩すよりは いいですから・・・・・






shiba2


何か おねだりかな・・・・
ふふふ・・・・茶柴と結託して 要求中かも






DSC_3703



さて・・・・
デンマーク時間では まだ11日の夕飯だったけど
日本時間では もう 12日、ということで~~
誕生日ディナー
りふぉんパパが 美味しいステーキの店を聞いてきてくれました
お肉屋さんが経営しているレストラン






DSC_3701


お肉屋さんですから
お肉を買いに来る人もいます

凄い~~






DSC_3700


KOBEって書いてあるけど 神戸牛かな
多分 そうなんでしょうね
こっちでも 神戸牛を飼育しているのか~~
食べたのも そうかな






DSC_3706


思う存分食べていい、というので
骨付き肉800gを りふぉんパパとわけることにしました
正味、軽く 650gはありそうです。






DSC_3707


店の一番のお薦め
パパは 早々に脱落し、
私が 400gは 平らげました
傷のためにも たんぱく質をとって 栄養を・・・と。

もう 柔らかくて あっさりしていて 超美味っ
これが 肉っ です

何もつけずに 焼いただけ
見事な ミディアムレア
それに 特製の ビーフコンソメを煮詰めたソースでいただきました






DSC_3705


ガスパチョも注文
こちらも まあ 濃厚な凝縮されたスープ
冷たくて 美味っ






DSC_3702


牛ですから もちろん チーズも売ってます
でも メニューには 肉以外はありません
最初に
「肉しかないですよ」と 言われました(笑)
細っこい 日本人だからね~~
この人が 肉を食べるのか、と思われたかも
散々「残ったら テイクアウトできますよ」とも言われました
残るわけ、ないじゃん






DSC_3704


肉、ときたら もちろんワインも
でもね・・・・これは 我慢しました
まだ 抗生剤を飲んでいる身
少しは 我慢しなくちゃ
自分の油断で怪我したのですしね
この先、万一 悪化したら困るし~~


おかげさまで 傷も乾いてきました
もう 化膿する心配もないでしょう






DSC_3713


さて・・・・
少し 小雨のパラつく土曜日ですが、
ここから 電車で 30分ほどのところにある、
ロスキレという街までいってきました。

ロスキレ・フィヨルドの最奥にできたこの街は 9世紀には
都市として成り立っており、国内で 最も古い街です
デンマークの歴史がはじまったところなのです。

これは 市庁舎
街の中心です






DSCN5179


1995年に世界遺産に登録された ロスキレ大聖堂が有名ですが、
運悪く、12時から結婚式で 閉まってしまい、
まずは もう一つのお目当て、ヴァイキング船博物館です

西暦1000年頃から ロスキレの北20kmのフィヨルドの入り口に
5隻の船が沈められていました。
農耕民族であった ヴァイキングが 船による外敵から村を守るために
本物の船を沈めたそうで いわゆる 海の中の防壁ですね

ただ・・・村からも 海を使って出れないわけで・・・・・(笑)






DSCN5183


夏の間は 船の復元作業などが 屋外で行われていて
木で船を作る工作を 子供たちが 楽しそうにやってました






DSCN5189


船の建造中~~
木を切って 半分にして くりぬいて、という作業も
フィルムで見せてくれます






DSCN5200


帆船に乗せてくれるツァーもありますが
残念、この日は すでに 売り切れ

こんな小さい船ですからね・・・
子供たちを乗せて 出港していきます
少しの間は 大人たちが 懸命に漕いでます

私は 乗りたかったのに 残念・・・・・
でも りふぉんパパは 大人が必死で漕いでいるのをみて
売り切れだったことに ホッとしたようです~~






DSCN5204


風を受けて 帆が立ちました
いい風が吹き、どんどん沖へ進みます






DSCN5207


さて・・・・・博物館です
1962年に コペンハーゲンの国立博物館が 
沈んでいた船を発掘、展示しています






DSCN5209


木造船ですから 腐っていますが
部分的に 復元して その大きさや形も よくわかります
私的には とても 面白くて 楽しめました~~






DSC_3716


4時半から 大聖堂が開くとのことだったので
ちょっと お茶をしながら 待って 入りました

1170年に築かれた大聖堂
その後、歴代の王により 10か所も増改築
色々な建築様式が混ざっています

60DDKのところ、割引券で 40DDK
その上 立派なガイドブック付き






DSCN5216


決して きらびやかではないけど
落ち着いた 荘厳な教会です






DSCN5217


パイプオルガンも立派






DSCN5232


上の階には 教会美術館もあり、
ぐるっと 一周できます。

ここは フレデリク9世をはじめ、歴代のデンマーク王並びに
王妃の石棺が安置されています






DSCN5242


これは 1500年代の機械仕掛けの飾り時計
ちゃんと 動いて 鳴ってました

教会を出たら また 雨が降り出したので
コペンハーゲンに戻ってきました。

ちょっと風邪気味のパパ
まあ、パパが 風邪をひかない旅行など
今まで 一度もないくらいなので 心配ご無用
かえって 風邪をひかないほうが 心配なくらいです

パパの具合で 明日は どうするか決めます
大丈夫なようなら 当初の予定通り
スウェーデンのマルメに行くことにします
ここから 電車で 1時間

また なが~~~~~く なってしまった・・・・

まだまだ 書き足りないけど
今日は ここまで。







ランキングに参加しています
今日も ポチっとお願いできると嬉しいです