DSC_0592


るるぶりふぉんママです~~

旅も中盤になりました
今日も 快晴のストックホルム
パパも週末で休暇なので~~
フェリーで島へいってみようかと思っています

昨日は 金曜日・・・・
パパの帰りを待って ガムラ・スタンへ
ストックホルムの旧市街です
とても小さな島だけど そこに王宮や大聖堂、ノーベル博物館など
主な ストックホルムのみどころが詰まってます

これが 大聖堂(逆光ですが~~)
ここで 木曜と金曜にオルガンコンサートが開かれる、というので
聴きにいってみましたよ







DSC_0594


どんな音がするのか 
パイプオルガンを教会で聴くのは ほんとに素晴らしい
バッハの作品ばかり 1時間の演奏
ちょうど そのあとで 夕食を食べてくる計画






DSC_0596


13世紀後半にゴシック様式で建てられ、
現在のイタリア・バロック様式になったのは1480年代だそうです。






IMG_20190719_184308


天井の装飾も美しい
どこへいっても 天井が素晴らしいけど
みているのは辛い・・・・首が~~~
いつも思うけど 描くのは大変だったでしょうね~






DSC_0597


なんというか 荘厳な空気に浸り
オルガンの響きを堪能したし、
お腹もちょうど空き・・・・(笑)
ガムラ・スタンをそぞろ歩きしながら
レストランへ・・・
ガムラ・スタンの広場という広場には
テラス席が並べられ
まあ~~~凄い人・・・
みな 外で食べたり 飲んだり
やっと やってきた夏の日を楽しんでいます

路地奥に見えるのはドイツ教会
、というわけでもないけど
お目当てのレストランは ドイツ系のビールが美味しい店
暑かったので 生ビールでしょう~~







DSC_0598


賑わう界隈を過ぎていくと
こんなひっそりした路地裏もあります
まだまだ 太陽が高い ストックホルムの夜8時






DSC_0599


店は海に面した ガムラ・スタンの南の端っこ
予約をとらない庶民的な店です
17世紀から続く店なんですよ

とっても いい感じです
美味しい予感!!!

この店は ビールとニシン料理が有名
ニシンはあまり好きではないので まだ食べてなくて・・・
でも ニシン料理が名物料理なら 美味しいでしょう
やはり 美味しいところで食べないとね・・・
ますます 嫌いになっちゃう







DSC_0600


まずは~~
お薦めの黒ビールの生
ひゃ~~~美味しそう
まずは ストックホルム最初の一週間に乾杯
お天気もよく、過ごしやすい毎日
感謝 感謝・・・・・







DSC_0601


こちらは・・・・
スウェーデンの名物料理、その名も「ヤンソンス氏の誘惑」
面白いネーミングだけど ポテトとアンチョビの重ね焼き
ビールのおつまみに最高です
ポテトとアンチョビ・・・美味しくないはずない
これは いいな~~
今度 家でやってみよう






DSC_0602


そして~~いよいよ ニシン料理2品

生の酢漬けは 敬遠して~~
これは 温かいニシン料理
多分 蒸してあるんだと思いますね
軽く蒸してあるので 身がふわっとしていて
ディルの香りで 生臭さもない
とっても美味っ
ニシン・・・・美味しいじゃん
・・・・って 料理の仕方、ですよね






DSC_0603


そして~~ニシンのフライ
輪切りでカラっと揚げてあるのですが
カリカリ、中は柔らかく・・・とっても美味しい
玉ねぎも バルサミコで赤く酢漬けにしてあって
マッシュポテトには ベリーのソース
完璧なビールのお供・・・・でした~~

ニシンさん・・・ごめんね
とっても美味しかったです
・・・・料理法ですね



9時半ごろになると
海風が少し 肌寒く
持ってきたジャケットを羽織るくらい
海沿いをバス停まで歩き、
ホテルの近くまで バスに乗って帰りました

車の量が少ないので 渋滞がありません
みな 公共の乗り物を利用していて
バスも正確にくるので とても便利
地下鉄は 今 工事中ってこともあり
また 目的地の近くまでいくとは限らないので
ストックホルムでは バスを使いこなすことが必須







DSC_0591


最近、若者中心に利用されているのがこれ
ローラーボードみたいなものですが
電動で動きます
スマホにアプリを入れて QRコードにかざして 利用できるようです
返す場所も 色によって わかれているようで
その範囲なら どこでもいいらしい
赤と緑があります
夜になると 回収して回っている人がいますね
かなりのスピードがでるので ぶつからないように
歩行者は注意しないと~~
日本だと 自転車専用レーンがないので 無理ですね
こちらは 完全に 自転車専用レーンがどこでもあるので
万が一にも そこを歩いていて 事故になると
歩行者が100%過失
大怪我をしたうえに 保障はなく
自転車側に 保障しなければなりません

気を付けて歩いています







ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです
(どうも 今日はボタンの挿入ができないので 
 右上のりふぉんの写真をポチっとお願いします)