DSC01038


るるぶりふぉんママです~~

日曜日、またしても遠出をしてきました
遠出といっても 地下鉄とバスを乗り継いで 30分ほどですがね
ストックホルムの喧騒を逃れ(ホテルはそもそも中心部じゃないけど)
現国王の住居である、ドロットニングホルム宮殿へ・・・・
ガムラ・スタンにある王宮にはお住まいではなく
郊外のドロットニングホルムのお城に住んでおられます

住んでおられるのに・・・・
宮殿を公開し、ノーチェックで歩き回れます

湖のほとにに建つ、美しい宮殿・・・






DSC01042


まずは~~
世界遺産登録の3つの建物のチケットを買い
宮殿から見学開始






DSC01046


1662年から建てられ、現在の姿になったのは1756年
フランスの影響を受けたバロック様式だそうです






DSC01047


ライブラリー
科学や芸術関係の蔵書が多くあるそうです






DSC01048


北欧のヴェルサイユと言われているそうですよ
どこも 美しい装飾で
どこにカメラを向けていいものやら・・・・






DSC01049


宮殿内部の部屋より
部屋からの眺めのほうがいいなあ~~
こんな景色を毎日見て暮らしたい(笑)






DSC01055


宮殿に近いこのあたりはバロック様式の庭園が広がり・・・






DSC01058


奥には 自然を生かした英国式庭園
まあ~~端から端まで ゆうに500mはある庭園
散歩にはいいけど~~~広いっ、広すぎる






DSC01059


こちらは その奥の奥にある、中国の城
アドルフ・フレドリック王が 王妃の誕生祝として贈ったお城だそうです
1753年の建築






DSC01077


内部はロココと中国風の折衷様式






DSC01060


中国のものが 色々 保存されています
床はオリジナルだそうで
釘を使っていないようでした
全て木で釘の代わりをして はめ込んであり
その 文様も美しい






DSC01066


音楽の間のような部屋には
中国の民族楽器を描いた絵画が 10点ほど・・・・






DSC01078







DSC01082


どこもかしこも 解放感があり
市民の憩いの場所でもあるようです
犬の散歩、芝生でくつろぐ人
晴れた日曜日、庭園内は自由に入ることができます






DSC01083


鳥たちものんびりです・・・・






DSC01084


宮殿劇場は 1766年に建てられたもの
今も、ほぼオリジナルで残っています
変えたのは電気配線だけ、くらいのようです
床も壁紙も当時のままなので かなり 傷みはありますが
それでも 今もオペラやバレエの公演が行われています







DSC01087


客席数は466
おおがかりなセットはできませんが、
ちゃんと オケピットもあるし、今年はヘンデルのアリオダンテをやるようです
8月くらいから シーズンが始まります
ここは チケット代が ちょっとお高め・・・
ま、世界遺産での公演ですからね
保存もしないといけないし~~






DSC01088


ロイヤルボックス席
いいですね~~自宅に劇場
こんなところでも聴いてみたい
シーズン中にも 一度来てみたいストックホルム







DSC01093


広間では 練習が行われたり
ちょっとしたコンサートも・・・・
天井に近いところにバルコニーがあって
ここで 晩餐会が開かれたりするときには
そのバルコニーで演奏されるそうで
上から音楽が聞こえるわけですね~~

ただ、建築当初、費用をおさえるため
大理石にみえるように 木材で作ったり
かなり苦肉の策を講じたようです
パッと見、わからないので それも 技術ですね~~







DSC01101


白鳥のつがいかな?と思ったら・・・・






DSC01102


醜いアヒルの子、ではなく
可愛い雛がいました~~
こんなところで子育て・・・・いいねえ~~






DSC01103


ストックホルム市庁舎横の港から
船でくることもできます
前日、船には乗ったので
この日はトラベルカードを使い、無料で・・・・
そういえば~~一週間の乗り放題チケット
今日で切れるな~~
火曜日・水曜日の分、2日間 チャージできるかしら






DSC_0615


一度、ホテルに帰り
一休みしてから 夕食はジャズクラブへ
アメリカのジャズ奏者、グレンミラーの名を冠したジャズクラブ
小さい、小さいクラブですが
最近の傾向として スイングやブルースも取り入れているところが多い中、
ここは わりと クラシックなジャズ
もっと大きな老舗もありますが、
ここも十分 年季が入ってますなぁ~~






DSC_0620


昨日は、トランペットと中心に
ベース、ギター、ドラムのカルテット
滅茶苦茶・・・うまい
30分ほどのステージで チャージは一人 600円ほど
もちろん その上はいくら払ってもいいんですがね
1セット終わると 店のお姉さんがお盆を持って集めにきます
なんでも カードで済ませるところが多い中、
なんか クラシックでいいでしょう
NYなんかも みな キャッシュで演奏者に渡しますよ






DSC_0617


ここは フレンチレストランとしても有名
食事もとても美味しかったです
こういう場所だし、お値段もお手頃
会話のない夫婦は ジャズを聴きながら食事だと
間がもって いいですなぁ~~

珍しく雨の夜でした~~~







ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです