sotto voce

ジャックラッセルテリアの「りふぉん」とママ+パパの日々の日記です。

日記

オリーブに想うこと

IMG_20181002_083438


りふぉんママです~

昨日のドタバタから1日たって・・・
まだ 庭に放置されているオリーブの木
だんだん 葉っぱに元気がなくなり、枯れていきます

こんなになる前に 何か できなかったのか
落ち着いた今、オリーブに申し訳なくて 悲しいです

18年前、この家を設計した設計士さんが
完成のお祝いに 大きな鉢に植えられたこのオリーブを贈ってくれました。
大きくなったので 庭に植え替え、
今は その鉢に カランコエが咲いています

18年の間には たくさん実をつけた年もあり
今年も 少ないながら 実がなり、収穫前だったので
かわいそうで、たまりません

横たわった木から パパがこれだけ 収穫しました
下のほうは とても 手が入らないけど
せめて 最後の実だけは・・・・・






IMG_20181002_083344


小さな瓶に これだけだけど
まだ 青くて 収穫には早いけど
でも 救ってあげたかった


昨日は 午前中の作業、設計士さんの点検、保険会社とのやり取りなど
バタバタしていて 庭に横たわるオリーブの木を
見守ってあげる時間も元気もなかったけど
今、庭を眺めながら 少し 泣いてます






DSC_0274


こうなる前に
支柱をするとか 剪定をもう少し まめにするとか
対策はできなかったのか・・・・
想定外の突風だったとはいえ、悔やまれます

枯れちゃったから
折れちゃったから
、と 使い捨てみたいにすることはできません

金額的には 壊れたフェンスの工事は
オリーブ一本の値段とは 桁が2個くらい違うかもしれません
でも オリーブの木の価値のほうが 桁10個くらい大きい


もう少し オリーブに例えて考えると
今の世の中が なんだか この倒れたオリーブに象徴されるような
恐ろしい気もするのです
目先の豊かさだけを追求し、投資し、
10年、50年、100年先のことを考えてない

日本人がノーベル賞を受賞し
ほとんどの人が どんな苦労をされたか、知らないにも関わらず
「日本人が受賞、凄いっ」と言ってるけど
それが、膨大な基礎研究の上に成り立っている偉業だということ
その基礎研究に 最近は予算がどんどん削られて
それが 防衛費になっていること
つまり、土台や土づくりをおろそかにし
葉っぱを増やすこと、実を早く大きくつけることばかりに
お金をかけ、それに多くの人が群がる
そんな構図になっていて 将来どうなるのか

癌の治療薬は 結果であって
その過程に どれほどの見えない基礎研究があったのか
オリーブの木の根っこ、土の中
見えない部分に 弱さがあって
暴風に耐えきれなかったことを思うと
社会の弱さの一面を見たようで 憂鬱になるのです


音楽家もそうだけど
日本が文化にかける予算はあまりにも低い
だから みな 経済的、環境を求めて 国外に出てしまう
日本人であっても 日本が育てたわけではない人が多くなります

また別の現象も起きていて
こちらは もっと深刻
若い人が 世界に出て行こうとしない
一度 出てしまうと 日本で仕事にありつけないから。
繋がりがない、伝手がない、就職できない
それを恐れて 出て行かないのです。

SNSで どこでも 誰とでもつながっているようで
結局は 架空の繋がりであって はかない、不確かなものでしかない

根っこのしっかりした、
たとえ 風が吹いて 葉っぱが全部落ちても
根っこだけは残っているような
そんな人間作りが できていないな~~と
今回のことで 改めて危機感を感じたのでした






DSC_0275


フェンスを取り替えて
庭が きれいに整うには 年内かかるでしょう
造園屋さんも 今は 倒木の撤去に奔走中
できれば フェンスよりも
梅の木や、他の木の選定、支柱など
生きているものを先に 手入れしてほしいけど
もう少し 先になりそうです
とても 急かすわけにいきませんからね


オリーブの木、ごめんね
18年間、ありがとう~
塩漬けにしたオリーブは 全部で 4瓶
大事に 保存して 大事に食べます







ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


珍しく・・・

DSC_4862


りふぉんママです~~

昨夜は 珍しく 都会へお出かけ
それも 銀座ですよ、銀座
それも~~なんと 銀座エルメス
そんなとこ、見たことも 行ったこともないですわ

パパ・・・「エルメスって何?」
こんな 我が家ですもん

昨日から 銀座エルメスのギャラリーでは
こんなイベントが始まりました。
(イベントをクリックして ぜひご覧ください)

雪博士の 中谷宇吉郎先生と二番目のご令嬢 中谷芙二子さんによる
展示会です。

「雪は天から送られた手紙である」
宇吉郎先生の壮大なグリーンランドでの研究、
そして、そこから創造された芙二子さんの
アーティストとしての作品(霧の彫刻)
その 新作が エルメスのギャラリーで開催されています。
昨日は そのオープニング

さらにさらに~~~






DSC_4852


この度、フランス政府から フランス文化勲章最高の
コマンドゥールが 中谷芙二子さんに叙勲されることになり
なんと、その セレモニーにご招待いただいたのです~

駐日フランス大使により
エルメスのホールで 叙勲式






DSC_4849


光栄なことに 芙二子さんとは
我々 夫婦は まったく別の関係があって
夫婦としてではなく、それぞれの知り合いとして ご招待いただきました。

りふぉんパパは 仕事関係
主に 宇吉郎先生の関係ですが~~

私は 遠い昔(笑)
そう~~もう 35年ほど前ですが
短い期間でしたが
芙二子さんが 設立された「SCAN」という ビデオギャラリーで
アシスタントをさせていただいていたご縁があります。

一応 英語ができることと、
一応 芸術家の端くれ
一応 タイプ(そのころは ワープロ)が打てる、ということで
猫の手も借りたいほどの忙しさの中で
イベントなどの お手伝いをさせていただきました。

イベントの前は 家に帰る暇もなく、
お部屋をお借りして 泊まり込み
10日間も続けて住み込んだことがあります

今 思えば 物凄いアーティストの作品を扱っていました
草間彌生氏や ビデオアーティストの草分け、ビル・ヴィオラ氏など
草間さんが ギャラリーで壁いっぱいに貼った白い紙に
絵を描かれたときは 最後に みんなが 争って 破いて持って帰り、
私は その 勢いを唖然と眺めていたことが 懐かしいです
あの時・・・破片でもつかんでいれば・・・(笑)


実は 1年ほど前、
突然、芙二子さんから 電話があり
「また 手伝ってもらえないかしら」と 提案をいただきました。
2009年に それまでの作品をすべて集めたカタログが
フランスから出版され、にわかに 世界から注目を集め
世界中の美術館やイベントから インスタレーションのオファーが殺到
スタッフが とても足りなかったのでしょう
昔のことを忘れずに 思い出してくださって
声をかけてくださったことに 感謝しつつも
とても 私の力では ご迷惑をおかけするだけ、と思い
辞退させていただきましたけど~~
大変さ、責任重大なことが わかっているだけに
安請け合いはできないですから~~~

芙二子さんのお姉さまは 科学者
妹の三代子先生は NY在住のピアニスト
大変 お世話になった先生です。
NYに行けば いつも お邪魔して 
昨日も NYから 駆け付けた先生とお会いできて 嬉しかったです






DSC_4856


叙勲式、祝辞、乾杯と続き
別室で パーティーが始まりました
カクテルパーティーと聞いていたけど
まあ~~立派なパーティーで・・・・
小さなお皿に オードブルがズラリ

いったい どのくらいお皿洗いが待っているのか・・・・(笑)
完全に 庶民主婦の発想ですが






DSC_4855


せっかくですし、
エルメスに来ることなど 最初で最後でしょうし
セレブなお味も ちょびっと いただいてみたかったので
ずうずうしく お皿に手を伸ばしました。

アワビの煮物や タコのマリネ
雪の結晶に見立てたパスタとホイップ
ローストビーフに その場で作るシャブシャブ
目の前で握ってくれるお鮨など
お祝いにふさわしい豪華なものでした~

入口には この間コラボした、という
坂本龍一氏からの花も飾ってあり
すべてが 美しい
おまけに エルメスのスタッフが 完璧

会場の混雑と暑さで ちょっと ホワイエに出たら
すぐに お水と椅子を勧めてくださり、
その後も 気を使ってくださって・・・・
さすがだなあ~~と感心



クリスマス前の銀座も ちょっと歩きたかったけど
家が遠いので すぐに電車に乗ったら
まあ~~モミクチャ
どうして あんなに人が多いの~~~と
現実に引き戻され・・・・ぐったり

忘年会帰りの人も多い時間帯だったのでしょうかね
6cmのヒールが 電車に挟まれそうでしたよ・・・



パパも私も 普段と違う服装なので
帰宅後の 洋服の整理が一苦労
トホホな現実でございます・・・・







ランキングに参加しています
今日も ポチっとお願いできると嬉しいです







カワセミ、撮ったどぉ~~っ

IMG_5081


りふぉんママです~~

りふぉんパパって よくよくタイミングが悪い
スマホを持っていないときの散歩では
カワセミがいる

スマホを持って行くと いない・・・・


我が家の隣の公園は
数年前から カワセミが巣を作って
去年あたりから 定期的に子育てをするようになり
朝日新聞にも デカデカと載ったことから
人がきたりして 賑わっていましたが・・・・

それも 最近 静かになって
パパは チャンスとばかり
カワセミを撮る、とはりきっているのですが~~

数回、スマホを忘れて 取りに帰るも もういなかった・・・・
せっかく 持って行ったのに いなかった、の繰り返し~


今朝は
「今日こそっ」と 張りきってスマホを持ったら
充電・・・・・空っぽ

「私のスマホ、貸してあげようか?」と最大限に親切に言ってあげたけど
もし、万が一、カワセミのいる池に落としでもしたら・・・
パパの命がない・・・・・

「い、いいよ~~~」

案の定~~
「カワセミ・・・・・いたぁ~~~」
コンデジを持って りふぉんを再度 お伴に公園へダッシュ
朝ご飯と お弁当の支度も終わったし
かわいそうなので 一眼レフを持って 追いかけました

池の中州、木が生い茂っているところに巣があって
けっこう 動かないで 止まってます。
カワセミは 我が町の鳥
でも 警戒心が強いので
1日 待っても 出て来ないときもある・・・・・・
ここのカワセミは 意外と 人懐っこくて 撮りやすいです。


もっと いい望遠レンズじゃないと 大きくできないけど
それでも まあまあ スマホで撮るよりは・・・・






RSCN5089


これは コンデジでパパが撮ったものを
拡大してみた写真です。
少し ボヤけるけど よく カワセミの姿がわかりますね






IMG_5083


なにしろ、最近 一眼レフも とんとご無沙汰
りふぉんが ドッグランで遊ばなくなってから 撮らないし
家族会でも 忙しくて 撮る暇なし、
おまけに 重い・・・・・
8年前は これを下げて 走り回っていたのになあ~~


一応 写真が撮れて パパは ご満足

写真、メールに送って、と言われているんだけど
午前中は仕事だし、
こんなときに限って パソコンがフリーズするし、で
ブログアップが精いっぱい

もうちょっと 拡大できないかな~~
最近、スマホで撮った写真ばかりをアップしているから
パソコンの写真アプリの使い方を忘れてしまった・・・・・


もうちょっと 大きく伸ばせたら またアップします






image


僕は?

僕のアップは いっぱいあるでしょ~~
見飽きてるから もういいってさっ






image


ふんっ

あ~~不貞寝しちゃった
ママはお仕事だよ
お留守番、お願いねっ







ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


命日は大騒動

image


りふぉんママです~~

りふぉんばぁばの命日、
早朝 起きて ばぁばがお世話になっていた 逗子の教会へ
命日のごミサをあげていただき、
8時半に帰宅・・・・・

朝ご飯担当のパパが用意した朝ご飯を食べながら
洗濯機を回し~~~

そこまでは とても順調な日曜日・・・だったのですがっ


洗濯ものを干そうと 洗濯機をあけて
取りだしたとたん・・・・

・・・・・・・不吉な金属音・・・・・・・・


ががぁ~~~~~~~~ん!!!



パパの 懐中時計まで きれいに洗われてしまったぁ~~
なかなか 性能のいい洗濯機らしく
ご丁寧に 調整するネジまで 吹っ飛び
奇跡的に 虫眼鏡でしか見えないようなパッキンまで見つかったものの

・・・・・・・もちろん 動いてないし、
ネジが吹っ飛んだおかげで
中には 水が・・・・ポチャポチャ


これはね・・・・
去年のパパの誕生日に
スイスのチューリヒで買ったもの
ドイツ国鉄の公式時計、モンデーン

超お高いものではないけど
なかなか 手に入らないものなので
どうしても 直したい

いつも 電池替えをしてもらう、某量販店の、
意外とできるおじさんに電話したら
「とにかく持ってきて」というので
全てを放り出し、
車を飛ばしました~~~~

しか~~~~し
「メーカーさんに 修理に出して 一ヶ月半、オーバーホールするので
 そうですね・・・・・2~3万かかりますね」

・・・・・・・・・・

パパも とても気にいっていて
肌身離さず・・・・だし
修理したいけど
さすがに 買った値段の2倍の費用をかけて直すのも・・・・・

がっくり肩を落とし、
試しに もう一軒聞いたけど
ここは そもそも モンデーンと取引がないので
頼むこともできないって・・・・・






image


どうせ 捨てるならっ
このまま ゴミ箱行きにしてなるものかっ

セールで靴を買い(どうして 靴を買ったのか不明、関連性なし)
鼻息荒く 帰宅

ここから パパと共同作業で
時計の修理大作戦が始まりましたっ

まずは 水を抜かねば~~と
パパが 渾身の力をこめ
時計を振って はずれたネジ部分の小さな穴から
水を 振りだす作戦

半分くらい 水が出たところで(密閉性がいいので 難しい)
今度は ドライヤーが登場
穴に当てて 乾かす作戦
熱を当てたことで ちょっと穴が広がったようで
水も ほとんど抜け
今度は 湿った内部を ドライヤーで乾かすべく

ナイフでこじ開けにトライ(こじ開ける部分が見当たらず・・・・)
「危ないから やめたほうがいいよ」と
半ば 諦めの境地のパパ・・・・・
こういうことになると 俄然 闘志が湧く私

エイっと 力をこめたら パカっ
・・・・・・あいたっ

蓋の水を拭き、
中に ドライヤーの風を当てて 数分
表にかえして そっとみたら・・・・・


動いてる~~~~~っ

文字盤は まだ 湿っていて 曇っているけど
秒針が動いてます
いつ、止まるか
もう、ダメなのか
わからないけど・・・・・
あのまま ゴミ箱行きより 気分はいい

このまま しばらく あけておいて
時々 風を当て・・・・・
完全に乾くのを待つことにします。

心穏やかに
母の命日を過ごそうと思ったけど
さすが・・・・・
あの母の命日だもん
何か あるね
今ごろ、空の上で
「もう~~何やってんのよ」と ケラケラしていると思います。







image


「まったく 朝から うっせ~~な~~~」
お腹の緩い子が 何を言うかっ


ちなみに
今回は パパの失敗ではなく
パンツの中身を ちゃんと確認しなかった私のミスです







ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです




咲いた 咲いた

image


りふぉんママです~~

ちょっと開くタイミングを間違え
私に怒られた睡蓮さん

昨日の朝も かなり開いてましたが
パパが出かけ、1時間もすると こんなに~~満開
咲きかけもきれいだけど やはり大輪の花、美しい


もちろん、夕方には しょぼん・・・・

でもね・・・・
今朝 また 咲いたんですよ~
今年は 調子がいいようです。
1日で ダメになることもあるんですが~~
4年ぶりだから はりきっているのかも。






image


さて・・・・
まあ、一応 誕生日ディナーってことで・・・・
久しぶりに ポテトニョッキを作りました
ローストビーフに添えるつもりで・・・・

ニョッキを作る、とか パスタを打つ、とかいうと
「え~~~っ すご~~~~い」と言われるんだけど
前世イタリア人だからか、まったく 全然 手間でもなんでもないです。

嘘だとおもったら やってみてくださいよ



材料は じゃがいもと 粉と 塩ひとつまみ、これだけ。
ジャガイモを丸ごと茹でて 柔らかくし、
熱いうちに皮をむいて マッシュにする
まあ、ここだけが 熱いし、面倒と言えば 面倒?かな

あとは ジャガイモの半分の重さの粉を加えてこねる
全部が もっちり スムースに混ざればOK

適当に切り分けて 粉をしながら 棒状にまとめ
ポンポンと切って フォークで きゅっと潰すだけ

しばらく 乾燥させておいて
食べる直前に 茹でるだけですよ

すぐに浮いてくるので 引き揚げて オリーブ油とかバター、チーズであえれば完成

モチモチしてて どんなソースにも合い
肉料理の付け合わせにはピッタリです。






image


タコとホタテと野菜のマリネ






image


夏の定番 ガスパチョ
パパの大好物






image


ローストビーフ鎌倉山の美味しい肉とニョッキ






image


「パパのお誕生日だから 少しあげるね」
と、いったら ずっと キッチンで待機
普通は 知らん顔なんですけどねえ~~

ローストビーフを一切れ、ゲットのりふぉん






image


葉山の日影茶屋の りんごのシブースト
これも パパの大好物
奮発して ホールを買い、お誕生日プレートも・・・・・






image


「ケーキも少しね」と言ったら
テーブルに張り付いて お待ちになってました~~

「もう ないのよ、おしまい」
踵を返して ソファーに帰って行く・・・・ふふふ おもろい



睡蓮も咲いたし
プレゼントも気にいったようだし、
まあ、よかった・・・・

来月は 私か・・・・・ゾゾっ
どこで 年をとるか・・・・
デンマークか、スウェーデンか・・・・
七夕様・・・・・どうか 年をとりませんように・・・・・お願い








ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです



ブログランキング参加中
bnr_l
りふぉん@2008年元旦生まれ。10歳になりました!!いつも応援ありがとうございます。
コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • 今日は柏
  • 今日は柏
  • 今日は柏
  • ネクスガード
  • ネクスガード
  • ネクスガード
  • ネクスガード
  • たくさん歩いた後は・・・
  • たくさん歩いた後は・・・