sotto voce

ジャックラッセルテリアの「りふぉん」とママ+パパの日々の日記です。

別府地獄巡り

[画像:1db35ac1-s.jpg]

るるぶりふぉんママです

二日目は、やはり別府といえば、地獄巡り
7箇所の地獄をまわれるチケットを買って
まわってみました。

今、まわっておけは、死んでからはまわらなくてよい、という保障はありませんがー


まずは、一番大きい海地獄
国指定名勝です。
コバルトブルーで、きれいだけど、摂氏98℃
1200年前に鶴見岳の噴火でできたそうです。






[画像:fa6e98b2-s.jpg]

吸い込まれそうな色だけど
吸い込まれたら大変です
温室に、日本一の大鬼蓮があります






[画像:7dedc406-s.jpg]

こちらは、鬼石坊主地獄
灰色の熱泥・・・
いかにも、地獄です






[画像:00e34d2d-s.jpg]

これは、かまど地獄だったかしらー
地獄だらけで、やましいことがある身には
だんだん恐ろしくなってきました(笑)






[画像:2b7b66ea-s.jpg]






[画像:df8f55b6-s.jpg]

これは鬼山地獄かなー
鬼山には、ワニがいました
ワニは暖かい土地じゃないといきられないですからね





[画像:432474d8-s.jpg]

これは、分かりやすい
血の池地獄
78℃、と色のわりには低温(笑)

ちなみに、このあたりの温泉は70℃くらいあるので、
そのままでは入れないくらい熱いです






[画像:65d77375-s.jpg]

そして、最後は、龍巻地獄
間欠泉です。
ちょうど吹き出したときに入ったので
終わるまで眺めることができました

だいたい30〜40に一度、10分程度吹き出してます。
アメリカのイエローストーンなどは、もっと休止時間がながいので、
ここは、短めですね
注目の間欠泉だそうです。


このあと、楽しみにしていた、やまなみハイウェイのドライブ
九重夢の大吊り橋もいきました
その様子は、また次回

今日からパパは仕事なので、お昼してから送っていき、
私は湯布院で散策です。

あ、二日目のお宿の様子ものちほどー



海の幸三昧

[画像:8822dc28-s.jpg]

るるぶりふぉんママです

別府の朝、
日の出の時刻には雲隠れしてましたが、
神々しい太陽が拝めました





[画像:57086e75-s.jpg]

お部屋の、海のみえる露天風呂も
なかなか 気持ちがいいです
のんびり入れますね
もちろん、かけ流しですよ





[画像:7ed9281c-s.jpg]

別府湾に客船が入っていきます
サンフラワーかな?とパパが興奮
学生時代に、これで大阪まで行ったことがあるらしい






[画像:6c8430cd-s.jpg]

昨夜の夕飯

もちろん、海の幸三昧

秋ですから
松茸の土瓶蒸しもでましたっ






[画像:81146802-s.jpg]

やはり、関サバ、関アジも
こりこり歯ごたえがいいです







[画像:a893bea7-s.jpg]

伊勢エビ、吉野葛で炊いてあり、優しい味







[画像:1d46dcf9-s.jpg]

サザエと、豊後牛の麹味噌焼き







[画像:f0c55d57-s.jpg]

りゅうきゅう茶漬けがでて、
デザートは、果物のゼリー寄せ







[画像:e9c024aa-s.jpg]

今朝もお腹いっぱい
私は洋食







[画像:8f7aeda0-s.jpg]

パパは和食

部屋ごとに同じにしないといけない宿が多いのに
嬉しいです配慮です

さて、もう一個、まだ入ってない
オーシャンフロントの露天風呂に行かねば

今日は、やまなみハイウェイを走る予定
その前に別府地獄かなー

そして、今夜は
湯布院近くの山あいの温泉宿、湯平温泉
趣が違うでしょうね
楽しみです



耶馬溪〜別府

[画像:e561fdd6-s.jpg]

るるぶりふぉんママです
久しぶりの国内旅行
大分にやってきました。
温泉巡りでだらだらの予定でしたが、
せっかくレンタカーしたし
あまりに、いいお天気なので、
耶馬溪をまわることにしました。

空港から、東九州自動車道を通って中津から耶馬溪

青の洞門へ

きれいな青空です





[画像:ffa04385-s.jpg]

トンネルを徒歩で抜けてみました
この下に、実際に掘った部分が残ってます





[画像:53911424-s.jpg]

そして、羅漢寺
645年だかの古いお寺、
1000体もの石像が残っています。
山門前は、撮影可能
あとは、残念ながら、撮影できません






[画像:a5b4239d-s.jpg]

このあたり、紅葉がはじまってます
今日のニュースて言ってたそうですよ
もう少ししたら、観光客が押し寄せるのかな





[画像:e6e90e4d-s.jpg]

そのまま南下して
一目八景の展望台へ

こちらも紅葉の名称
多くのカメラマンが押し寄せるそうです

気温23℃
快晴すぎて、日焼けしそうでした






[画像:d4329d96-s.jpg]

大分自動車道を別府へ走り、
今夜のお宿、潮騒の宿 晴海に到着

朝5時起き、しかも運転手だったので疲れたー

このあとは、温泉三昧で美味しい夕食を楽しむのみ
目の前は 海〜〜〜〜っ
お部屋に露天風呂もついてるけど、
オーシャンフロントの大浴場と
屋上の大浴場も堪能せねばっ


大分へ

DSC_4272


りふぉんママです~~

たった1日の晴れは 過ぎ去り
また 雨の毎日
それに 台風まで やってくるじゃ~~ありませんか
いったい どうなっているんでしょうか~~

雨の朝は パパ散歩拒否
それでも 生理現象はあるので
「ママ・・・・・・・」
散歩しないと 朝ご飯は あげられないし。
しょうがないので ママの朝ご飯は お預けで
レインコートに長靴で いざっ


しかしねえ~~
歩かない
外にたたずんで、うんpが出たくなるのを待つのみ
庭じゃ~~~いけないのかね・・・・


まあ、でも10分も 家の周りを トボトボしていると
チッコもうんpも ちゃんと出るから 偉い
出すもの出したら 引き揚げましょう~~






DSC_4273


こんなもの、買っちゃいました~~
11月に入ったら 大分の旅です
九州は 仕事で2回行ったきり
それも~~~30年以上前です

パパが湯布院で仕事があるので
それに便乗、少し休暇もとって 別府、湯布院あたりを
観光する予定~~~

別府出身のワンズ仲間、ウシ君のママさんにアドバイスいただいて
一泊目は 別府の海沿いに宿を取り
二泊目は 湯布院は避けて 湯平温泉の 山間のひなびた宿
翌日から パパは仕事なので 私は一足先に帰るつもりでしたが
パパと一緒なら、とても安く 温泉のある湯布院の施設に宿泊できるので
せっかくだから もう一泊
なかなか 行かれないですものね~~


大分空港から レンタカーして
お天気がよければ やまなみハイウェーなんか ドライブしたい

とにかく 土地勘も 情報もないので
とりあえず どんなところか ざっと 地図も頭に入れていこうと
ガイドブックを買ってみました。

文化の日の連休に引っ掛かるから 混み具合が気になりますが・・・






DSC_4271


昨日は 久しぶりに レインコートではないお洋服
かなり 寒いですものね~~
ママも マフラーに手袋ですわ・・・・

坂を登ったり降りたり、かなり歩きましたよ







DSC_4269


きれいに洗ったシーツや布団カバー
「気持ちいいぜ~~」とばかり スリスリ
洗いたて、カラカラに乾いたタオルとか好きですよね~
ちょっと ごわごわしているのが 気持ちいいみたい








ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


自転車怖い

DSC_3819


りふぉんママです~~

太陽フレアで 通信機器に支障が出る恐れ?
飛行機とか・・・嫌ですねえ~~
ほとんど 最近は 衛星と結んでの自動飛行
それが 狂ったら あらぬ方向に飛んだりしないのでしょうか

ナビで運転していたら
全然 違う場所に行ったりすることは?

あまりにも そういう電子機器に頼っている社会だから
電磁パルス攻撃とか 怖いですねえ

飛行機の中でみた映画
「サバイバルファミリー」が まさしく そんな事態のサバイバルストーリー
電気を使うものは一切ダメ
な~~~んていう世界、どうなるのでしょうかね

・・・・・と パソコンを叩き
スマホで 画像をアップしながら 思うのでした


で・・・・・・・
電気がなくとも 
ガソリンがなくとも
軽快に動く乗りもの
自転車です

私とは とっても 相性の悪いものですが・・・・
そうも いっていられないかもです。


デンマーク、オランダは自転車大国
中国もすごいですが
中国では 最近は バイクのほうが多い
特に 都市部では バイクですね

北欧の国々は エコにも力を入れているし
なんといっても 国土が平ら
自転車移動、となるわけです
10kmくらいの通勤は 悠々と自転車通勤です
エクササイズを兼ねてできるので 一人一台・・・・いや2台
自転車保有率ですね


しかし・・・・駐輪場は必要なわけで・・・
車ほど 場所をとらないとはいえ なかなかの量です
なにしろ 一人一台、人口分 あるわけですから・・・・・






DSC_3918


どこでも 自転車が大きな顔をしていて
歩行者がその次
車は小さくなってます
業者以外は ほとんど悪人扱いなので
相当 郊外に住んでいる人以外はね~~
買い物の荷物は 後ろや前に 大きなカゴを取りつけているので大丈夫
子供も犬もそこに入ります

日本のように ハンドルのところに幼児用の椅子はないですね
リヤカーみたいな感じで ちょっとした キャンピング自転車風です

最後に行ったフローニンゲンにも
おびただしい数の自転車が置いてあって
自転車をよけながら歩く感じですが
これでも 大学が夏休みなので 少ないそう
「大学があるときは この10倍は自転車があるね」と友人

ひゃ~~~っ
自転車、もっと 小さくしたどうや?折り畳み式にするとか・・・・
あのあたりは 風が強いので 倒れることもありそうだし。






DSCN5335


自転車が多ければ
当然 ルールや 道路整備はしてあります

横断歩道はわかりますね
その右側、ブルーの部分が自転車専用道路です
その 右が自動車
ここは 大きな通りなので 自動車の車線もそこそこ広いですが
ちょっと 横道だと
車は一通、 一台分しか通れないくらい細い
細い歩道、自転車駐輪場所、自転車専用レーンが ほとんど占めてます


ブルーの自転車専用レーンを
歩道が混んでいるから、といって 歩いて
もし、自転車とぶつかれば・・・・・・
100% 歩行者の過失です

ご存じのように 向うの自転車は頑丈ですので
歩行者が大怪我することは必至
友人の中にも 複数個所 骨折した人がいて
「あの自転車専用レーンは 非常に危ない」と言います

ものすごいスピードで走ってきますしね

問題は 道路を渡るとき
歩行者専用の横断歩道まで行けばいいのですが
意外と少ないので どうしても 一瞬 自転車専用レーンを渡ることになる
見通しがいい場所ならいいけど
カーブしたりしていると
急に ものすごい勢いで自転車が現れたりするので 危険







DSC_3746


これは 公園の中にある、自転車と歩行者の専用レーン
自転車も歩行者も通ってよい道です
当然、車は入れません






DSC_3747


これは 歩行者専用レーン
ここは いかに 自転車であっても 通行禁止
公園の中によく見られる標識です

唯一、のんびり 自転車に怯えることなく 歩けます

ふと 考えるのは
普通の人は自転車でいいとして・・・・・
お年寄り、障害者、私のように 極度の運動神経なしの人は
いったい どういう 交通手段がいいのでしょうね

・・・・・・バス・・・・・かな
まあ、デンマークもオランダもバスは 発達しています
そんなに便利でもないけど 一応あるし、
トラムも 大都市にはありますね

コペンハーゲンにいる分には バスで十分かな


あ、膝の傷は ちょうど一ヶ月たち
あとは 一番深かった部分のかさぶたが取れ
内出血の色素沈着が そのうち 少しずつ消えれば、という感じです







DSC_3753


ついでに・・・・
デンマークの電車
新型車両がほとんどで 今回も こんな感じの
きれいな車両ばかりでした
もちろん 2等席です






DSC_3755


席の上に こう表示されていれば
ここは 予約が入っていないので 自由に座れる、というサイン
特別な休日以外は ほとんど 座れないことはありません

ぎゅうぎゅうで 電車に押し込まれるなんてことは ありえない
それも ほとんどの人が 自転車移動しているから?(笑)



昨日は 久しぶりにコンサートを聴きに。
学生時代からの友人、前イタリア大使夫人に誘ってもらって
ボローニャーシンフォニーで オペラのハイライト
おかげで 滅多に座ることのないいい席に座らせてもらい、
なんと 駐日イタリア大使夫妻とお隣・・・・
少し、お話もさせていただきました

とても 気さくな素敵な大使ご夫妻
まだ 着任されたばかりのようです。
公務で お忙しいでしょうけど、
日本を満喫していただきたいものです。

「また、イタリア関連のイベントに誘うよ」と友人
やったぁ~~っ
前世イタリア人としては ありがたい限り
できれば 食べ物関係でお願いします(笑)


そうそう~~
今年、デンマークと日本は 国交樹立150年
色々 イベントも行われます
あの イタリアンレストランで オーナーが言ってたのは これですね

オーデンセのアンデルセン博物館も 現在建築中
それで オーデンセが大々的に工事だったのか
ニールセンを捨てて アンデルセンに絞るのだな
2020年完成予定だそうです。

オリンピックの国立競技場建設の建築家
隈 研吾さんが 設計だそうですよ






ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


 

ブログランキング参加中
bnr_l
りふぉん@2008年元旦生まれ。10歳になりました!!いつも応援ありがとうございます。
コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • 名残り雪を求めて・・・
  • 名残り雪を求めて・・・
  • 名残り雪を求めて・・・
  • 名残り雪を求めて・・・
  • 名残り雪を求めて・・・
  • 名残り雪を求めて・・・
  • 想定外に大喜び
  • 想定外に大喜び
  • 想定外に大喜び