sotto voce

ジャックラッセルテリアの「りふぉん」とママ+パパの日々の日記です。

テレビさながら路線バスの旅

DSCN5418


るるぶりふぉんママです~~

コペンハーゲンへ戻ってきました~~
今日の オーデンセも快晴で 気温もあがり 快適そのもの
これなら~~と 路線バスの旅をしてきました

実は オーデンセに行った もう一つの
いや・・・音楽家として 重要な取材・・・
デンマークが誇る、まあ・・・・唯一の大作曲家
カール・ニールセンの生まれた街なのです。

カールセン博物館なるものが
ど~~~~んとあって 調度品や楽譜など 色々あるらしく
2日目は それに費やすつもり・・・だったのですが
事前にネットで調べたときは 何も書いてなかったのに~~
なんだか 知らないけど 最近 閉館したとか・・・

・・・・・・・が~~~~~~~んっ
はるばる 日本からきたのに・・・・
以前 そういって 休館日にあけてもらったことがある私でさえ・・・
閉館したものを 開けてもらうわけには・・・・


しかたないので
郊外にある、幼少期に暮らしていた家、というのに行ってみることにしました
バスで 40分もかかる田舎にあるらしく~~
ホテルのフロントで聞いたら
「え?行くの?」という感じ
色々 ネットで調べたら~~
1時間に一本のバスなら 乗り継ぎなしで行ける・・・・・らしい


で、朝10時すぎのバスにのるべく バスターミナルへ
楽勝でバスターミナルが見つかって
リンゴジュースなんか絞ってもらって 飲んでいたら・・・・
あれ? 「H」というバス停なはずなのに
AからDまでしかないっ

それから駅を走り回り 聞きまわり
やっと 探すこと 15分
駅の反対側の端っこ
ローカル電車と隣り合わせ・・・見えないよぉ~~


まあ、ともかく 運転手さんに バス停を確認して
フロントのお兄ちゃんが 23クローネくらいじゃない?といってたので
30クローネ出したら 32だってよ
コインがないと乗れないので もう~~っ

帰りのコイン、財布から出して 数えましたよ





DSCN5417


あ、最初の写真が その家です
野っぱらの中に ぽつ~~~~~ん

ここに 小さいけど 博物館があります
本当に小さいので 11時にしかあきません
15時に閉まります
5分前におばさんが車でやってきて ドアをあけてくれました
お釣りもないって・・・・・コインがぁ~~





DSCN5420


手紙とか 自筆の楽譜とか 楽器も少し
こんなもんじゃ~~ないのに
他のものは どこに行ったんだっ

受付のおばさんに聞いたら
国がニールセンをないがしろにしている
酷い、こんなバカげた話はない、と 怒り心頭
延々、聞かされましたが 全くだっ
どんどん 伝統や国の偉人たちが埋もれて行ってしまう

「オーデンセはアンデルセンだけで行ける」と思ってるのよ、とおばさん
どこも予算がないのでしょうね~~
もしかすると 今日行った家の裏を 国が買い取って
少し広げて 博物館にするかも、とのこと
街では 土地も高いからね~~

「どんどん 訴えたら」と言ったら
「私が言うと 受付の仕事がなくなる」って
悩ましいところですなあ~~






DSCN5426


ここがバス停
11時半を逃すと 12時半まで 
このひろ~~~~い野原で待たないといけないから 






DSC_3870


ほらぁ~~~
さびしい時刻表でしょ?






DSC_3875


駅で パンとサラダを買って ICに乗りました
ICLのほうが 30分早いけど
コペンハーゲン中央駅で 乗り替えが面倒なので
ちょっとだけ遅い電車で のんびり






DSC_3874



オーデンセのある フュン島から 
コペンハーゲンのあるシェラン島へ渡る橋
アクアラインみたいで 半分海底、半分橋の上でした


デンマークと別れを告げ
明日は オランダへ飛びます

デンマーク、今日はようやく夏らしくなりました
明日のオランダは 雨
念力で ようやく 雨から にわか雨にしたけど
多分 雨・・・・でしょうね
まだ 読み終わってない本もあるから のんびりしよ






ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです

オーデンセ

[画像:8912b65d-s.jpg]

るるぶりふぉんママです

コペンハーゲンから、特急で1時間半、フュン島にある、オーデンセにきました

オーデンセは、アンデルセンの生誕の地、貧しい靴屋の息子に生まれ、
波乱の生涯を送りながらも、多くの子供達に夢を与える童話を書き続けました




[画像:25080085-s.jpg]


アンデルセン公園にある、アンデルセンの銅像
アンデルセンのお母さんが洗濯物を洗った川が流れています





[画像:9e82c419-s.jpg]


快晴、最高気温23℃、美しい公園を散歩し、
時々 ベンチで休憩するには、もってこいの日です
超晴れ女、絶好調です




[画像:6b9c0db9-s.jpg]

観光地だけど、この静かさ
平日なので、地元の人がいないのかな
学生さんが、草の上でランチしているくらいです





[画像:2c4f5e20-s.jpg]


大聖堂、ここにはデンマーク人の団体さんがいました(笑)
なんか、人がいると、ホッとするくらい、いない





[画像:660189ac-s.jpg]

教会内部
落ち着いた雰囲気です
祭壇が美しい





[画像:06d5907d-s.jpg]

あら・・・
子鴨を二羽連れたお母さん
そっと、そっと・・・
写真を撮らせてくれて、ありがとー




[画像:de0a3215-s.jpg]


歴史保存地区は、可愛い木組みの家が並んでいます
石畳と、よく合いますが、歩きにくい
こんなとこ、大きなスーツケースは引っ張れないでしょうね

石畳はいいけど、固くて足に悪い
そのせいか、お年寄りに足を悪くしている人が多いです





[画像:aea0d1c8-s.jpg]


アンデルセンゆかりの建物が点在
生まれた家は、博物館の中におさまっていますが、
幼少期に暮らした家なども残っています




[画像:6fc8a45a-s.jpg]


この通りにアンデルセンの生まれた家がありました
博物館の一部になっていますが・・・





[画像:fe31c792-s.jpg]


これは、コペンハーゲンの家の内部
ニューハウンで見つけた赤い家の内部ですね





[画像:779253f5-s.jpg]


生まれた家
実に小さい家で、ここに家族全員が住んでいたとは思えないような狭さです

アンデルセンは、そんな貧しい幼少期の記憶を忘れたいと願う一方、
その経験が、数々の名作を生み出す土台にもなったのです。





[画像:9d629726-s.jpg]


気付いてみると、まだランチをしていなかったので
古そうなレストランを見つけて入りました
デンマーク名物のオープンサンドの店です。
古そうなので聞いてみると、建物は1638年のものだそうです。





[画像:ef93fc31-s.jpg]


スモークしたハムとキュウリのサラダのオープンサンド
とっても美味しかったので・・・





[画像:bf1cad19-s.jpg]


お薦めの焼きたてパンケーキと自家製アイスクリーム、
デザートまで食べちゃいました





[画像:43941c59-s.jpg]

可愛い街、アンデルセンの童話の世界そのままです





[画像:638a32f3-s.jpg]


今夜は、このホテルに一泊し、
明日は、デンマークが誇る作曲家、カール・ニールセン博物館にいきます。

カトリック教会を見つけたので
午前中のミサにあずかって、残りの旅の無事もお願いしましょう

足の怪我も治りましたしね


りふぉんパパは、コペンハーゲンでどうしているかしら
風邪もよくなってきたようだし、明後日はオランダに移動です。




ランキングに参加しています。
今日もポチっとお願いします










緑と水の街

[画像:a0ad9e8d-s.jpg]

るるぶりふぉんママです〜〜

快晴のコペンハーゲン、朝は10℃、と冷え込みましたが
昼間は、太陽がいっぱいで暖かくなりました。
実質、私は明日、明後日、オーデンセへ一人旅なので、
コペンハーゲン最終日、街歩きといきましょう


[画像:4fe2832d-s.jpg]

コペンハーゲン発祥の地、クリスチャンスボー城です。
ただいま、修復中?
けっこう、どこも工事をしてますね。
中はガイドツアーのみで、見学できます。



[画像:9115b98b-s.jpg]

ニコライ教会
このあたりは、全てストロイエです。
ストロイエというのは、歩行者天国
コペンハーゲンは歩行者天国発祥の地でもあるのです。


[画像:2b17d13a-s.jpg]

せっかくお天気がいいので、
ラウンドタワーにのぼり、コペンハーゲンの町並みを見渡してみました

気持ちのよいお天気でよかった


[画像:247ad06e-s.jpg]


ローゼンボー離宮
クリスチャン4世王により建てられた、
オランダ・ルネッサンス様式の建物
完成は1634年とあります



[画像:2c05ab01-s.jpg]

バラ園が美しい

どこも、本当に公園の緑に池や川の風景が綺麗です

もちろん、冬は太陽がなく、毎日どんより寒く、気が滅入る、と友人
その分、夏は貴重ですね

今日は、ネットワークの調子が悪いのでここまで。
明日は、オーデンセからアップできるかどうか、ですが
お天気も良さそう
行ってきます




ランキングに参加しています。
ポチっとお願いします


スウェーデン・マルメ

DSCN5248


るるぶりふぉんママです~~

布団をかぶって寝るりふぉんパパを無視して
昨日は 100mx4のリレーを見てから 寝ました
見てよかった
日本の銅メダルも、だけど
ボルトのラストランを見たかった・・・・・
なんという結末~~
人生、予想外ってあるもんだ


で、今朝 うだうだ言ってるから 置いて出かけようとしたら
一緒に来るというので・・・・
「100%自分の意思で行きたいのか」聞いて 確認してから
一緒に出かけました
だって あとで 悪くなったら
「行かないと 怒られるから」とか 言うんですもん
怒りませんよ~~
ただ、よく 風邪をひくな~~と思うだけで・・・・
一病息災とも言うしね・・・・


で・・・・
取材旅行で(笑)
スウェーデンのマルメへ行ってきました。
最寄の駅から 電車で1時間足らず・・・・
2000年に15kmの橋ができたので とても簡単に行き来ができるようになりました

マルメは 一時期、デンマーク領だったこともあります。
駅を出て 運河を渡ると すぐに街の中心です






DSCN5250


木組みのかわいい家並みをみながら・・・・






DSCN5249


目指すは マルメ城
マルメヒュースと言います
今は 博物館になっていて 周りは 大きな公園で
中をかわいいトラムが走ってます。






DSCN5252


公園の中を抜けると ルンダンという ボートツアーも運航






DSCN5254


こちらが マルメ城の入り口
別館で 軽くスープでランチしてから 入場

自然科学博物館、マルメ歴史展示室、北欧アートの美術館
動物園に植物園、水族館まで併設





DSCN5256


奥までいくと お城の内部が見られます






DSCN5260


まあ、どこもお城、というものは カビ臭くて苦手
外からみるのがきれいですねえ~~






DSCN5266


暗いし・・・・冷たい(笑)






DSCN5277


こういう楽器や戸棚の温かみはホッとします

この城は 牢屋にもなっていた時期があります。
収容されていた人の写真があって
その人の一生を書いたものが 囚人番号と一緒に置いてあります
釈放される時に 写真を撮るならわしだとか・・・・
う~~~ん、あまりいい趣味ではないなあ







DSCN5279


コンサートホールまであり、
街のイベント全てを請け負っている感じですね
よく響きそう~~






DSCN5286


ヨーロッパのお城も 日本のお城と同じく
水で囲まれていることが多い
水がなくても お濠になっていることが多いですね
ここからは 絵になるのか、
長いこと カメラを構えている人がいたので 私も真似して・・・・






DSCN5289


公園は 実に美しい
コペンハーゲンも あれだけの大都市でありながら
まったく 圧迫感がないのは 公園と 高いビルがないせいでしょうね

戦争で ほとんど焼けていない
というのも イギリスに手痛い目にあったコペンハーゲンの人々が
いち早く 表面上 ナチスドイツに降伏し、戦火から街を守ったのです
そして 市庁舎よりも 高い建物を建ててはいけない、という
条例を作り 守っています。
水と緑を守り、古い建物を大事にしているからこそ、
街が豊かで温かいのですね

もちろん、切符の自動販売機などもハイテクになっていて
壊れていることなどないですよ
電車も 定刻だし、1分の遅れも表示されます






DSCN5292


マルメの市庁舎
残念ながら 修復中~~






DSCN5293


聖ペトロ教会、1300年代のゴシック様式






DSCN5295


内部、きらびやかではないけど
フレスコ画も残ってます






DSCN5301


風邪気味のりふぉんパパを心配する
心優しい妻・・・・・・
早めに 電車に乗り、コペンハーゲンに戻ります

マルメは それなりに大きな駅で
最近、改修されたのか とてもきれいです






DSCN5304


国境の海、マルメとコペンハーゲンを結ぶ国境の橋
オーレスン橋は 全長15.4km
できるまでは 高速船でいくしかなく 45分もかかっていましたが
いまでは コペンハーゲン中央駅まで35分
1時間に3本あります

国境越えですから 一応 パスポートは持っていないといけないけど
ほとんど チェックされることはありません
それどころか、切符を検札にきたことも
まだ一度もありません。

あさって オーデンセにいくのに ICに乗ると
さすがに来るかな



今週も お天気が良さそう
気温も 少し あがってくるようです。
夏を待ちわびているスカンジナビアの人々です







ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです




 


りふぉん、元気いっぱいです

FullSizeRender2


るるぶりふぉんママです~~

ママのお誕生日に 素敵なプレゼントが届きました
りふぉんの笑顔です

シッターさん、この時期、睡眠時間もとれないほど
ワンズのお世話に忙しいのに、
写真を送ってくださいました
感謝、感謝~~~
なによりの プレゼントです
ありがとうございます






IMG_0053


食欲も旺盛、うんpも快腸
あいかわらず マイペースらしいけど
お友達とも 仲良くやっているようです。






shiba


この茶柴とは 何度も一緒になっているので
仲良く遊んでいるでしょう
まあ、りふぉんなりの マイペースですけどね
はしゃぎすぎることもなく
自分のペースで セーブできる子なので
その点は 安心です。
その分、オフ会などでは 冷めているので つまらないけど。

体調を崩すよりは いいですから・・・・・






shiba2


何か おねだりかな・・・・
ふふふ・・・・茶柴と結託して 要求中かも






DSC_3703



さて・・・・
デンマーク時間では まだ11日の夕飯だったけど
日本時間では もう 12日、ということで~~
誕生日ディナー
りふぉんパパが 美味しいステーキの店を聞いてきてくれました
お肉屋さんが経営しているレストラン






DSC_3701


お肉屋さんですから
お肉を買いに来る人もいます

凄い~~






DSC_3700


KOBEって書いてあるけど 神戸牛かな
多分 そうなんでしょうね
こっちでも 神戸牛を飼育しているのか~~
食べたのも そうかな






DSC_3706


思う存分食べていい、というので
骨付き肉800gを りふぉんパパとわけることにしました
正味、軽く 650gはありそうです。






DSC_3707


店の一番のお薦め
パパは 早々に脱落し、
私が 400gは 平らげました
傷のためにも たんぱく質をとって 栄養を・・・と。

もう 柔らかくて あっさりしていて 超美味っ
これが 肉っ です

何もつけずに 焼いただけ
見事な ミディアムレア
それに 特製の ビーフコンソメを煮詰めたソースでいただきました






DSC_3705


ガスパチョも注文
こちらも まあ 濃厚な凝縮されたスープ
冷たくて 美味っ






DSC_3702


牛ですから もちろん チーズも売ってます
でも メニューには 肉以外はありません
最初に
「肉しかないですよ」と 言われました(笑)
細っこい 日本人だからね~~
この人が 肉を食べるのか、と思われたかも
散々「残ったら テイクアウトできますよ」とも言われました
残るわけ、ないじゃん






DSC_3704


肉、ときたら もちろんワインも
でもね・・・・これは 我慢しました
まだ 抗生剤を飲んでいる身
少しは 我慢しなくちゃ
自分の油断で怪我したのですしね
この先、万一 悪化したら困るし~~


おかげさまで 傷も乾いてきました
もう 化膿する心配もないでしょう






DSC_3713


さて・・・・
少し 小雨のパラつく土曜日ですが、
ここから 電車で 30分ほどのところにある、
ロスキレという街までいってきました。

ロスキレ・フィヨルドの最奥にできたこの街は 9世紀には
都市として成り立っており、国内で 最も古い街です
デンマークの歴史がはじまったところなのです。

これは 市庁舎
街の中心です






DSCN5179


1995年に世界遺産に登録された ロスキレ大聖堂が有名ですが、
運悪く、12時から結婚式で 閉まってしまい、
まずは もう一つのお目当て、ヴァイキング船博物館です

西暦1000年頃から ロスキレの北20kmのフィヨルドの入り口に
5隻の船が沈められていました。
農耕民族であった ヴァイキングが 船による外敵から村を守るために
本物の船を沈めたそうで いわゆる 海の中の防壁ですね

ただ・・・村からも 海を使って出れないわけで・・・・・(笑)






DSCN5183


夏の間は 船の復元作業などが 屋外で行われていて
木で船を作る工作を 子供たちが 楽しそうにやってました






DSCN5189


船の建造中~~
木を切って 半分にして くりぬいて、という作業も
フィルムで見せてくれます






DSCN5200


帆船に乗せてくれるツァーもありますが
残念、この日は すでに 売り切れ

こんな小さい船ですからね・・・
子供たちを乗せて 出港していきます
少しの間は 大人たちが 懸命に漕いでます

私は 乗りたかったのに 残念・・・・・
でも りふぉんパパは 大人が必死で漕いでいるのをみて
売り切れだったことに ホッとしたようです~~






DSCN5204


風を受けて 帆が立ちました
いい風が吹き、どんどん沖へ進みます






DSCN5207


さて・・・・・博物館です
1962年に コペンハーゲンの国立博物館が 
沈んでいた船を発掘、展示しています






DSCN5209


木造船ですから 腐っていますが
部分的に 復元して その大きさや形も よくわかります
私的には とても 面白くて 楽しめました~~






DSC_3716


4時半から 大聖堂が開くとのことだったので
ちょっと お茶をしながら 待って 入りました

1170年に築かれた大聖堂
その後、歴代の王により 10か所も増改築
色々な建築様式が混ざっています

60DDKのところ、割引券で 40DDK
その上 立派なガイドブック付き






DSCN5216


決して きらびやかではないけど
落ち着いた 荘厳な教会です






DSCN5217


パイプオルガンも立派






DSCN5232


上の階には 教会美術館もあり、
ぐるっと 一周できます。

ここは フレデリク9世をはじめ、歴代のデンマーク王並びに
王妃の石棺が安置されています






DSCN5242


これは 1500年代の機械仕掛けの飾り時計
ちゃんと 動いて 鳴ってました

教会を出たら また 雨が降り出したので
コペンハーゲンに戻ってきました。

ちょっと風邪気味のパパ
まあ、パパが 風邪をひかない旅行など
今まで 一度もないくらいなので 心配ご無用
かえって 風邪をひかないほうが 心配なくらいです

パパの具合で 明日は どうするか決めます
大丈夫なようなら 当初の予定通り
スウェーデンのマルメに行くことにします
ここから 電車で 1時間

また なが~~~~~く なってしまった・・・・

まだまだ 書き足りないけど
今日は ここまで。







ランキングに参加しています
今日も ポチっとお願いできると嬉しいです









ブログランキング参加中
bnr_l
りふぉん@2008年元旦生まれ。9歳になりました!!いつも応援ありがとうございます。
コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • 命日
  • 命日
  • 命日
  • 命日
  • 命日
  • つかの間に・・・
  • つかの間に・・・
  • つかの間に・・・
  • つかの間に・・・