sotto voce

ジャックラッセルテリアの「りふぉん」とママ+パパの日々の日記です。

エッセイ

美しい景色を守ろう!

DSC_0174


りふぉんママです~~

昨日の夕暮れ・・・
あまりに空がきれいだったので
富士山に焦点を合わせず
あえて 空を撮ってみました

今日は 憲法記念日
我が家は 今日だけ休日です
今日は 日本国国民として きちんと考えるべき日

昨日の報道ステーション
久しぶりにいいインタビューをやってました
マレーシアのマハティール首相に
憲法9条について 聞いたものです

マハティール首相は元々医師
そこから政治家に転身し、
その外交・交渉には 高い評価があります
現在 92歳の高齢ながら 
その 穏やかな口調の中に 強い意志と自信が感じられ
政治家とは こうあるべきだ、と思いました
血を流さずに 話し合いで外交をしていく
日本は 絶対に憲法9条を変えてはいけない、と強く話します

「マレーシアには憲法9条はありませんが、9条をやっています」

戦争で問題は解決しない
勝っても負けても どちらも多くを失い 破壊される
話し合いでは 少し失うかもしれないが 破壊はされない

交渉術、それは 口先だけのような響きがあるものの
実際は 多くのファクターを踏まえた上で
双方が 着地点を探す、とても難しいものです

庶民の暮らしの中で言えば
市場での値切りも 一種の交渉術です
でも 安いお土産でも 交渉術というのはあります
売るほうにも生活がある
損をさせてはいけないけど、できるだけ 安く買いたい
そこで 「2個買うから 少し安くして」とか
「現金で買うので ちょっと値引きして」など
相手にも有利になるような条件を出します
こちらが 安く買うだけの「まけて、まけて」を連呼しても
交渉は成立しません
二人の関係が悪くなり、値切りどころか
「もう売らない」と言われてしまうかもしれませんね

人類には 長い歴史があり、
戦争もたくさんありました
いまだに 戦争や紛争は絶えません
そこに何が生まれているか、といえば
破壊と憎悪です
それが 何の関係もない人たちを 巻き込むテロにもつながります

A国が武器を1個買えば
B国は2個買うでしょう
それをみて A国が3個買えば どうなっていくのか
子供でもわかることです
どちらも 相手国に どんどん敵対心を増やすだけ
武器を減らし 軍縮をすること、これが会話の第一歩です


「問題を解決するために 戦争は決してしない」

どうか、これだけは 守ってほしい
戦争をしないために 防備する、防衛費を増やす・・・
多分 これが答えなのでしょうが、
相手国に脅威を与えるだけ、
相手国の軍事計画を増幅させるだけです

どこかで どちらかがストップをかけて
本当に成熟した大人の国にならなければ
平和は広がっていかないのに・・・・
唯一の被爆国である日本が それを 率先するべきではないでしょうか

ネットで物を買い
見知らぬ相手とパソコンの中でゲームをし、
仕事の連絡もメールかLINE
人と喋ることが どんどん少なくなっている現代
気持ちを汲み取って 話し合いをすることを
子供たちにどうやって 教えていくのか
昨日の美しい空を眺めながら 考えたのでした






DSC_0173


そろそろ 午後のお散歩が暑くて
途中で 休憩をとるようになりました
りふぉんが 自分で座り込んだら
無理に引っ張らず ママも休憩です
ちゃんと 日陰の冷たい地面の上だから よろしい
できれば~~歩道の真ん中ではなく
端っこだと もっといいけどね

お水も飲んで
「どう?そろそろ歩ける? お家はもうすぐだよ」
りふぉんにしてみれば
もう少し ママとお散歩したい
でも 暑いから 帰ろうか・・・・小さい頭で考えているんですね

昨日は このあと・・・
帰りました~~~
あとは お庭でクールダウン






DSC_0171


それでも 夜は 布団にもぐったり出たり
床の上で寝るのは もう少し先のようです






DSC_0172


スーパーに行ったら・・・・
「祝・令和」の卵パックが売ってました (笑)
紅白・・・・だそうです
商魂たくましいけど
だからといって 買うかなぁ~~
必要だから買いますよね・・・卵は・・・・








ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです





オリーブに想うこと

IMG_20181002_083438


りふぉんママです~

昨日のドタバタから1日たって・・・
まだ 庭に放置されているオリーブの木
だんだん 葉っぱに元気がなくなり、枯れていきます

こんなになる前に 何か できなかったのか
落ち着いた今、オリーブに申し訳なくて 悲しいです

18年前、この家を設計した設計士さんが
完成のお祝いに 大きな鉢に植えられたこのオリーブを贈ってくれました。
大きくなったので 庭に植え替え、
今は その鉢に カランコエが咲いています

18年の間には たくさん実をつけた年もあり
今年も 少ないながら 実がなり、収穫前だったので
かわいそうで、たまりません

横たわった木から パパがこれだけ 収穫しました
下のほうは とても 手が入らないけど
せめて 最後の実だけは・・・・・






IMG_20181002_083344


小さな瓶に これだけだけど
まだ 青くて 収穫には早いけど
でも 救ってあげたかった


昨日は 午前中の作業、設計士さんの点検、保険会社とのやり取りなど
バタバタしていて 庭に横たわるオリーブの木を
見守ってあげる時間も元気もなかったけど
今、庭を眺めながら 少し 泣いてます






DSC_0274


こうなる前に
支柱をするとか 剪定をもう少し まめにするとか
対策はできなかったのか・・・・
想定外の突風だったとはいえ、悔やまれます

枯れちゃったから
折れちゃったから
、と 使い捨てみたいにすることはできません

金額的には 壊れたフェンスの工事は
オリーブ一本の値段とは 桁が2個くらい違うかもしれません
でも オリーブの木の価値のほうが 桁10個くらい大きい


もう少し オリーブに例えて考えると
今の世の中が なんだか この倒れたオリーブに象徴されるような
恐ろしい気もするのです
目先の豊かさだけを追求し、投資し、
10年、50年、100年先のことを考えてない

日本人がノーベル賞を受賞し
ほとんどの人が どんな苦労をされたか、知らないにも関わらず
「日本人が受賞、凄いっ」と言ってるけど
それが、膨大な基礎研究の上に成り立っている偉業だということ
その基礎研究に 最近は予算がどんどん削られて
それが 防衛費になっていること
つまり、土台や土づくりをおろそかにし
葉っぱを増やすこと、実を早く大きくつけることばかりに
お金をかけ、それに多くの人が群がる
そんな構図になっていて 将来どうなるのか

癌の治療薬は 結果であって
その過程に どれほどの見えない基礎研究があったのか
オリーブの木の根っこ、土の中
見えない部分に 弱さがあって
暴風に耐えきれなかったことを思うと
社会の弱さの一面を見たようで 憂鬱になるのです


音楽家もそうだけど
日本が文化にかける予算はあまりにも低い
だから みな 経済的、環境を求めて 国外に出てしまう
日本人であっても 日本が育てたわけではない人が多くなります

また別の現象も起きていて
こちらは もっと深刻
若い人が 世界に出て行こうとしない
一度 出てしまうと 日本で仕事にありつけないから。
繋がりがない、伝手がない、就職できない
それを恐れて 出て行かないのです。

SNSで どこでも 誰とでもつながっているようで
結局は 架空の繋がりであって はかない、不確かなものでしかない

根っこのしっかりした、
たとえ 風が吹いて 葉っぱが全部落ちても
根っこだけは残っているような
そんな人間作りが できていないな~~と
今回のことで 改めて危機感を感じたのでした






DSC_0275


フェンスを取り替えて
庭が きれいに整うには 年内かかるでしょう
造園屋さんも 今は 倒木の撤去に奔走中
できれば フェンスよりも
梅の木や、他の木の選定、支柱など
生きているものを先に 手入れしてほしいけど
もう少し 先になりそうです
とても 急かすわけにいきませんからね


オリーブの木、ごめんね
18年間、ありがとう~
塩漬けにしたオリーブは 全部で 4瓶
大事に 保存して 大事に食べます







ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです


今どき?

0d0853e6.jpg



りふぉんママです~

今日は土用丑の日、鰻って焼いてる匂いがたまらない
甘辛いタレって いい匂いですよねえ~

でも「う」のつくものを食べれば ご利益は同じらしい
・・・・・「梅干し」でいっか~


さて・・・・
これは 世界各地で集めた絵葉書の一部
まだまだあります。
こうやって ためていてもしょうがない。
使わないと意味ないですよね

ただいま、病気療養中の友人・・・・・
彼女に 1日置きに ハガキを書いて送っています
2日置きになることも・・・・あります(笑)

彼女へのお願い・・・・
「お返事はいらない、すっかりよくなったよ、のお返事だけ待ってる」

病気療養中は 個人差があるもの。
暇だし、遊びに来て~~と言う人もあるだろうし、
誰にも会いたくない、という人も・・・・
電話ならOK、という場合もあります。
遊びにいくのも 電話も・・・・
お互いに時間がとられるし、
そんな気分じゃないこともある・・・
だったら 一番いいのは手紙。
すぐに読む必要もないし、繰り返し読むこともできる
絵葉書なら 写真を楽しむこともできます。

内容は 実にくだらないこと。
「早く元気になって」
「がんばって」
な~~~んてことは書きません。
彼女自身 言われ尽くしているし
百も承知でしょうからね・・・・・

大事なのは 内容じゃない、
手紙を送ることで
そのときだけは「あなたを想っている」という
メッセージですよね。

これだけ SNS、ツイッター、Facebook、メール、Lineが
発達している世の中で
いまさら~~~でしょうかね

でも 自分で書くことによって
より 想いが伝わるんじゃないか~と思って
下手な字で 書きなぐっています

バス停の前にあった小さな村の郵便ポストから出した、
膝の上で書いた ヨレヨレのハガキも
あちこちの郵便局を経由し、飛行機に乗って
彼女のもとへ届いたみたいだし、
なんだか 1枚の紙切れが 世界を旅して
たった一人のもとへ届くなんてロマンじゃない?


でも、気のせいか、
観光地に 絵葉書が減ったような・・・・
買っている人も あまり見かけなかったなあ
みんな スマホで 写メ撮って送るんだろうな






150722_085838.jpg


いい風が入る、こんな家の隅っこで
今日も書いてます。


悔しいけど
私が 文字を書くことを好きになったのは
母のおかげ・・・・・

小学校に入った日から
毎日、学校から帰ると
ちゃぶ台の上に 広告が裏返しになっていて
作文の題名だけが書いてありました
例えば おやつの「スイカ」とか
「今日、楽しかったこと」とか
それに対して 広告1枚分 作文を書かないと
遊びに出してもらえなかった・・・・
宿題より、まず 作文
毎日・・・・ですよ~~

絵日記、
旅行日記、
思えば 小学校時代は 作文ばっかり書いていたみたい。
そのままだったら 芥川賞作家になったかも(笑)

父の影響が勝り、
音楽をやりはじめて
時間の大半は そっちへ取られてしまったけど
文章を書くのは 今でも 好き、というより習慣

特に 記録を書くのが好きみたいですね~
旅日記は もう 50冊近い。
もちろん、パソコンなんかに書かない、
毎回、気にいったノートを買っては持って行くので
大きさも 柄もバラバラなノートたち・・・・
かえって ノートの表紙の柄を見ただけで
「これは どこへ行ったときの旅行記・・」と
わかって便利。

母と旅行に行くと
「また 書いてるの、よく飽きないわね~~」と
よく言われていたけど
いったい 誰のせいなんかいっ
毎日 作文を書かせていたことなど
母の中では たいしたことじゃ~~なかったんでしょうね


手紙は ある意味、最高の芸術品、
博物館や美術館でも
いつも 時間をかけるのは 書簡のエリア。
電話もなかった時代では 人間同士の交流は
手紙に凝縮されていますからね。

日記は 自分に宛てた手紙・・・・・
早く 次の手紙を書きたいなあ~~(笑)





12ed42de.jpg




作家さんは
こういう花を一輪みても
題材を思いつくのだろうな・・・・
そういう才能は、ないない・・・






97f99285.jpg



こちらの方も
題材になりそうではあるけど
寝てるか、食べてるか・・・
シンプルすぎる(笑)





ランキングに参加しています。
今日も ポチっとお願いできると、嬉しいです。




名前の由来

78aa90f5.jpg



りふぉんママです~~

暑い・・・ですね
今年はじめて 窓をちょっとあけて寝ました・・・

この暑さのおかげか・・・
この間 収穫した梅、順調に追熟が進んでます。
こちら・・・洗濯ものハンガーの下





0c34e459.jpg



りふぉんが、ではなく
パパが 不用意に蹴飛ばさないように
こういう障害物の下に置いてます。

これが・・・・いい匂い・・・





48e82f90.jpg



梅が熟す匂いって どうしてこんなに・・・
「芳しい」「香しい」 かぐわしい、どちらでしょうかね
匂いの中で 一番好きかも~~~
なんとも 幸せな気分になるのです

寝室に置いているので
自然の芳香剤、アロマですよ~~
この匂い、このまま 1年中あればいいのに。
人工的に 近い物は作れるのだろうけど
やはり、梅がそこにあってこそ、ですよね


で、実は 私の名前は「郁子」といいます。
両親にとって初の子供、初孫、初ひ孫だった私、
知る由もないけど まあみんなに喜ばれたのでしょう。
名前をつける家族会議なるものが行われたとか。

ああでもない、こうでもない、とみんなが意見を出す中、
肝心の父は無言・・・・・・
意見を求めても 無言だったそうな・・・
結局「綾子」に決まり、父が役所へ。
みんなに「綾子ちゃんに決まった」と知らせ終わった頃
父から「郁子にしたから」と報告

そりゃ~~~みんな びっくりですよね
どこまで 真実か、母の話だからわからないけど
とにかく 誰に相談することもなく
父が独断で決めた名前ってことは 確かなようです。
由来についても 父は明かさず・・・
生まれた時から、いや、生まれる前から決めていたのでしょう。

そして「郁子」の「郁」の字
「どういう字?」と みなに説明する際
父は「馥郁たる香り」の「郁」とだけ・・・・

いまどき、「馥郁たる香り」なんていっても誰もわからない
電話で「どういう字で書きますか?」と言われて
昔だと「榊原郁恵」さんの「郁」ですって言ってたけど
最近は 「は?」とわからない場合が多いので
「有田みかんの 有と言う字を左に書いて~~」と
なかなか 説明も面倒。

梅の熟す香りがするたび
自分の名前の字の由来を思い出します。
たぶん こんな香りのことを言うのでしょうね~~

・・・・ヘヘヘ
本人が 名前のように育つ保障なんてないのにねえ~(笑)
父も「こんなはずじゃ~~なかった」と思っているでしょう。
本当は 成長するにつれ、豊かな香りを放つ、
魅力的な女性になってほしかったんでしょうけどね~
お気の毒・・・・






5c1edd03.jpg



こちら・・・りふぉん」
「フランス人みたいな名前ですねえ~」
これも りふぉんパパが 10日間 考え抜いて
やっと 決めた名前・・・・・
顔は ちょっと外人みたいではあるけど
「フランス人?」(笑)
やっぱり 名前のようには育たないのね・・・

「なんか文句あっか?」
いえいえ・・・・元気ならけっこうです






ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです



サプリの効果は?

0acc9129.jpg



りふぉんママです~~

昨日は かなり気温があがりましたね~
りふぉん家地方は 非常に気持ちの良い晴天、
湿度も低く、ちょっと 風が強かったけど
爽やかな1日でした~
1年中 こんな感じなら
私の勤労意欲も高まるのに・・・・
こういう季節は短いから
私の勤労意欲も 短い・・・・

気温は こちらの方が プールに入るかどうか、でも
わかります・・・・
お散歩後、早速、入水、ついでにお水を飲むのがりふぉんブーム
お水は しっかり飲みましょう~~





3d499e88.jpg



さて・・・今日は 栄養補助食品、サプリの話です

こちらは 今は使ってませんが、
りふぉんが 尿管結石になったときに
病院で処方されたサプリ
右側のゼンラーゼは ネットで買うと かなり割安なので
購入して しばらく飲ませました。
これは 2本目・・・・かな
左側は クランベリーの粉
これも 「チッコの悩み」に効くらしく、
けっこう 使っているワンズ、多いと思います。

犬も人間も 空前のサプリブーム、
昼間、テレビをつけると
CMは ほとんど サプリの宣伝
新聞も 全部 合わせると 相当な紙面を占領する、サプリの宣伝
あれもいい、これも必要、と たくさん飲んでいる方も多いのでは?

この現象は かなり前にアメリカでもあって
学生時代、ルームメイトの部屋には
ズラリとサプリの瓶が並んでいました。
貧乏学生だから 栄養不足が気になるところだけど
あれだけ サプリを買うお金があったら
食料品を買ったら?と 思ったものです。

そういう私も ビタミンEだけは 飲んでましたね。

でも いったい どのくらいの効果があるのか
いつも疑問・・・・・
セサミン、コンドロイチン、コラーゲン、アントシアニン、
どれが なんだか よくわからないけど
なんだか耳に残るんですよね~~

だんだん中高年になってくると
やっぱり 気になって なにか飲もうかな?と思ったりします
いったい 何を どのくらい飲めばいいのか。
まるで わからない・・・・・

一番 気になるのは 筋肉の衰えと脳の衰え・・・
どっちも すでに 絶賛始まっていると思うけど
つまり・・・多少ブレーキがかかるものなのか、ということ。
アミノ酸も 大いに気になるところ。
ロイシン、イソロイシンというのが 必須アミノ酸
でも これは 愛用している、甘酒にたっぷり~~
じゃ、いっか~~

最近 注目の エゴマ油、
人気で なかなか売ってないから
りふぉん用に常備している、アマニ油で代用
サラダにかけて ノンオイルのドレッシングにしています。

長生きはそこそこでいいけど
生きている限りは 元気でいたいものです
結局、何を飲むにしても 何を食べるにしても
世間でいい、悪い、と言われているものでなく
「これは 自分にあっている」
「これを食べると 元気が出る」
「これを飲んでいると 調子がいい」という
錯覚とも言える、信仰心みたいなものが 大事。
まわりのみんながいい、と言っても
自分に「いい」という自覚がなければ たぶん無意味

運動でも、趣味でも
自分にあったものを見つけるのが 先決なんでしょうね






0c31db9e.jpg



掃除していたら見つかった ローヤルゼリーのサプリ
いったい いつ、誰が買ったのか?(私以外、ありえん)
賞味(?)期限は?  2017年か・・・
せっかく あるんだから・・・・・飲むか

・・・・こんなもんです・・・・・






ランキングに参加しています
今日もポチっとお願いできると嬉しいです



ブログランキング参加中
bnr_l
りふぉん@2008年元旦生まれ。11歳になりました!!いつも応援ありがとうございます。
コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • 暑さ対策
  • 暑さ対策
  • 暑さ対策
  • 暑さ対策
  • 暑さ対策
  • 暑さ対策
  • 我慢しておくれ・・・
  • 我慢しておくれ・・・
  • 我慢しておくれ・・・